ZOZO、ついに年間購入者数が減少…しまむら「1年で退店」事件に透ける“深刻な内情”

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは7月30日、2019年度第1四半期(4~6月期)決算を発表した。増収増益となるなど、一見すると好調のようだが、細部を見てみると、そうとは言い切れないことがわかる。成長の衰えが垣間見えるのだ。

 同社が特に重視する指標の「商品取扱高」は伸びている。19年度第1四半期は792億円と、前年同期から12.5%増えた。だが、前年度(18年度)が19.4%増、前々年度(17年度)は27.6%増だったため、伸び率は鈍化していることがわかる。四半期ベースで見ても鈍化は明らかで、19年度第1四半期より低い伸び率となると、4年以上前となる14年度第4四半期(10.2%増)にまでさかのぼらなければならない。

 19年度第1四半期の売上高は前年同期比6.2%増の281億円、営業利益は32.6%増の77億円だった。商品取扱高が増えたことや、前年度に無料で大量配布したゾゾスーツに関連するコストがなくなったことが影響した。

 利益率も深刻だ。19年度第1四半期の商品取扱高に占める営業利益の割合は9.8%だった。プライベートブランド(PB)事業の失敗などで揺れた前年度の7.9%よりは高い。しかし、前々年度までは5年連続で10%以上となっていたため、10%下回ったのは憂慮すべき事態といえる。四半期ベースで見ても深刻さがわかる。前々年度までの5年間の20四半期のうち、10%を下回ったのはわずか2四半期だけだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「しまむら + ワンピース」のおすすめ記事

「しまむら + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日の経済記事

キーワード一覧

  1. しまむら ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。