東京五輪マラソン移転の裏に、2030年「札幌五輪」招致シナリオ

 国際オリンピック委員会(IOC)のゴリ押しともいえるやり方で、2020年東京五輪のマラソン、競歩の開催地が札幌に変更になった。禍根を残す決着となったことに加え、コース設定や経費負担などさまざまな課題を抱えるだけに、地元自治体の受け止め方は複雑だ。

 札幌開催が決まった直後の報道陣の取材に、鈴木直道北海道知事は「東京大会の成功に向け、オール北海道で取り組んでいく」と決意を語ったが、札幌市の秋元克広市長は「東京で準備してきた関係者らの気持ちを考えると重い決定だと思う」と東京への配慮をにじませた。

 地元紙の報道では、IOCによる札幌開催案が明らかになった10月17日以降、市には約200件の意見が寄せられた。7割が反対意見で、「札幌は泥棒」という厳しい声もあったという。五輪開催まで9カ月という時期に突如起きたドタバタの変更劇は、お粗末としかいいようがない。

 市民らの受け止め方もいろいろだ。「選手の息遣いを感じたい」「にぎやかになればいい。ラグビーの時も盛り上がっていたので、そんなふうになればいい」と歓迎の声が上がる一方で、「札幌は泥棒」という市に寄せられた意見やテレビ番組での札幌への冷淡な対応には、インターネット上で反発の声が相次いでいる。

「さすがに、泥棒などと非難される筋合いはない。費用や準備に時間がないことを考えると、反対意見の市民も多いと思う」

「札幌が手を挙げたわけじゃなく、IOCに振り回されただけ」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。