まんが『日本の歴史』、子供に読ませるなら角川か小学館か?エンタメ性vs情報量

 学習マンガがエンターテインメントを重視しすぎては、誤解を招くのではないか。新型コロナウイルス感染拡大の影響により多くの学校が休校になったことで、出版各社は新たなマーケット開拓の意図もあってか、子供向け学習マンガをインターネット上で無料公開する動きが相次いでいる。

 そのなかで、子供向けの漫画版『日本の歴史』を無料で公開しているのが、KADOKAWAと小学館だ。

 2015年から刊行が始まったKADOKAWAの『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』は、全15巻+別巻4巻(図鑑と近現代史編3巻)の構成。カバーイラストには『DEATH NOTE』(集英社)の作画を行った小畑健氏など著名なマンガ家を用い、発売後4年で累計440万部を突破する人気シリーズになっている。

 小学館の『学習まんが 少年少女 日本の歴史』は1981年以降、改訂を重ねて発行されているシリーズ。現在は全22巻に『人物事典』と『史跡・資料館事典』という構成になっている。

 今回のキャンペーンでは、KADOKAWAがシリーズの一部(平安時代前期までと近現代史編の昭和前期まで)、小学館が全巻(一部著作権のある画像を消去)を無料公開している。

KADOKAWA版と小学館版、どう違う?

 今回、筆者は無料になったことをきっかけに両シリーズを通読してみた。KADOKAWAは無料公開が一部のみなので全巻を購入した。

 どちらのシリーズも歴史研究者が監修しているため、最低限知っておくべき蓋然性のある歴史の項目を抑えており、極論は見られない。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。