「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せず…芸能人たちの反撃

 5月8日金曜からの衆議院内閣委員会における審議開始以降、多くの抗議活動が巻き起こり、11日月曜には日本弁護士連合会が反対の会長声明を発表、15日金曜には元検事総長を含む検察OBらが反対する意見書を法務省に提出、さらに18日月曜には元東京地検特捜部長らを含む検察OB意見書を公表するなど、法曹界内部からも批判の声が広がった「検察庁法改正案」。こうした反対の声を受け18日月曜午後、安倍晋三首相は急転直下、同法案の今国会での成立を断念した。

【前編】では、この法案に対する市民の側からの反対運動の中心となった、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを付したツイッターデモが5月8日金曜にどのように始まり、それが9日土曜の夜以降どのようにして大きなうねりとなっていったのかを、芸能人たちのツイートを追うことによってによって見てみた。

 続くこの【後編】では、芸能人らのそうしたツイートに寄せられたネガティブな反応について、当の芸能人たちはどのように“反撃”していったのかを見ていこうと思う。

(【前編】はこちらより)

元AKB秋元才加、怒りの反論

 検察庁法改正問題そのものとは別に、今回のムーブメントが投げかけたもうひとつの問題として、SNSに蔓延する「否定リプ」問題が挙げられよう。

【前編】で述べた通り5月10日日曜夜でひと段落したツイッターデモではあるが、影響力の大きい芸能人たちのツイートには、フォロワー数やリツイート数に比例して賛否それぞれの側からの大量のリプが付いた。否定的なリプには、「ファンだったのにがっかりした」「政治的発言をしないでほしかった」「わかってツイートしているのか」「ちゃんと勉強してください」といった内容のものが目立った。つまるところ、「タレントは本業以外の発言を控えろ」「タレントは政治的発言をするな」「タレントは政治問題など理解できないバカに違いない」というわけである。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク