開通した新東名はオービスもNシステムも存在しない理由とは?

開通した新東名はオービスもNシステムも存在しない理由とは?
       

全戦3車線で設計速度140km/hで計画された新東名(御殿場JCT – 浜松いなさJCT間151.8km)ですが、実際には一部2車線、設計速度120km/hとして建設され、最高速度100km/hで開通。
いろいろな紆余曲折を経ての完成&開通で、渋滞情報や所用時間表示など、NEXCOによる道路管理&利用者用情報提供システムはもちろん設置・稼働しているものの、警察管轄の速度取り締まり用オービス&犯罪捜査用のNシステムは設置されないまま開通しました。

ちなみに、2007年に開通した首都高・中央環状新宿線では、開通時点で山手(やまて)トンネル内にオービス(LHシステム)が設置されていました。これは首都高速道路株式会社と警視庁の事前協調によるものです。

今回の新東名に関しては、新高速として高規格な青写真を描いた日本道路公団(NEXCOの前身。国土交通省系・2007年より3社に分割され民営化)と現実重視で速度規制緩和に否定的な警察庁、さらに政治的な思惑・横槍が入ったりして、「NEXCO中日本と静岡県警が協調して…」などという話が進まなかったというのも容易に理解できますね。

その結果、まずNEXCOが道路を作り、次に警察が取り締まり&監視装置を設置するという、それぞれの担当・権限に基づき独立した流れで進行しているというわけなのです。

NEXCOの案内板はいずれもこのような太いバーにセットされていますが、オービスやNシステムは独立したバーに設置されます。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。