日本が金4個を含むメダル9個を獲得/アジアユース2019 <コンバインド> 【ユースA&ジュニア】

日本が金4個を含むメダル9個を獲得/アジアユース2019 <コンバインド> 【ユースA&ジュニア】

日本が金4個を含むメダル9個を獲得/アジアユース2019 <コンバインド> 【ユースA&ジュニア】

 中国・重慶で開催中のクライミングアジアユース選手権2019(コンバインド種目)は16日、ユースA(2002・03年生まれ)、ジュニア(00・01年生まれ)カテゴリーの男女決勝を行い、日本は各カテゴリーで金メダルを獲得するなど計9個のメダルを獲得した。

 14日に行われた予選で、11名の日本人選手全員が決勝進出を決めていたユースAとジュニアカテゴリー。この日の決勝でも、若き日本代表選手たちが躍動する。

 ユースAでは、まず男子で竹田創と抜井亮瑛がワンツーフィニッシュを果たした。2人は第1種目スピードのビッグファイナルでぶつかると、このカテゴリーの日本記録保持者である竹田がわずかに上回って1位発進を決める。竹田はボルダリングも2完登で続けざまの1位になると、最後のリードでも2位となり、合計2ポイントで文句なしの優勝となった。一方リード1位だった抜井は6ポイントで2位、世界ユース王者の百合草碧皇は4位だった。

 同カテゴリー女子でも、菊地咲希と栗田湖有がワンツーフィニッシュ。菊地はボルダリングを唯一の全完登で1位、リードも完登で1位となり、スピード6位からの巻き返しで金メダルを獲得した。栗田はリードの完登時間で菊地に及ばなかったことが響いたが、12ポイントで2位に入った。

 ジュニアでは、日本男子が表彰台を独占した。出場した天笠颯太、今泉結太、田中修太の日本人3名は、最後のリードでいずれも完登を記録。圧巻の技術とスタミナで総合順位でも上位に並び、スピード2位、ボルダリング1位で安定していた世界ユース王者の天笠が1位、今泉が2位、田中が3位でフィニッシュした。

あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。