[競技順]スポーツクライミング 男子複合決勝【東京五輪】

[競技順]スポーツクライミング 男子複合決勝【東京五輪】
拡大する(全1枚)

[競技順]スポーツクライミング 男子複合決勝【東京五輪

 8月5日17時30分からスタートする東京五輪のスポーツクライミング男子決勝。スピード、ボルダリング、リードの3種目を1人の選手がこなし、各順位をかけ算した値の小ささを競う「複合」で行われる。本記事では男子決勝における各種目の競技順を紹介する。

【東京五輪】スポーツクライミングの競技ルールをわかりやすく解説!

 予選は今大会への出場資格がかかった大会での成績順、いわゆるシーディングにより各種目共通の競技順だったが、決勝は種目ごとに変わる。決勝出場者内での予選各種目の順位を用いて、スピードはトーナメントを組み、ボルダリングとリードは該当種目の下位選手から競技を開始する。

[男子複合決勝]スピード|17:30 ~


 速さを競うスピード。決勝は予選と異なり、対人戦によるトーナメント方式で行う。決勝進出選手内の予選スピード順位が「9」となる組み合わせ(例:1位選手 vs 8位選手)。いくら速いタイムを出しても、対戦相手より先にゴールパッドを叩かなければ意味がない。初戦の勝者4名と敗者4名でトーナメントを組み、1位から8位までを決める。

1回戦
【1】バッサ・マウェム(FRA)× アダム・オンドラ(CZE)※バッサ・マウェムは欠場
【2】コリン・ダフィー(USA)× アルベルト・ヒネス・ロペス(ESP)
【3】楢崎智亜(JPN)× ヤコブ・シューベルト(AUT)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク