百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】
拡大する(全4枚)

百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】

 クライミングW杯リード開幕戦の男女決勝が26日(日本時間27日)、オーストリア・インスブルックで行われ、男子はコリン・ダフィー(米国)、女子はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が優勝。日本勢は19歳の百合草碧皇(あお)が男子2位に入り、自身初の表彰台に上がった。

 男子決勝には準決勝8位タイまでに入った9人が進出。首位タイで通過した百合草を筆頭に本間大晴、吉田智音の日本勢3人が最終ラウンドまでたどり着いた。

 勝負は後半に進むにつれて激戦となり、2番手・吉田の記録した高度36+に5番手のヤコブ・シューベルト(オーストリア)が並び準決勝順位の高いシューベルトが首位に立つと、ルカ・ポトカ(スロベニア)が37、コリン・ダフィー(米国)が38+で立て続けに到達高度を更新した。

 最後に登場した百合草はリズム良くムーブを重ねていき、高度37+でフィニッシュ。ダフィーの記録には届かなかったものの、同じ高度のジェシー・グルーパー(米国)をクライミングタイムで1分以上も上回り、自身2度目のW杯決勝を2位で終えた。優勝は23日に同じインスブルックで行われたボルダリング第6戦で初優勝していたダフィー。リードでも初優勝となり、W杯同一大会でボルダリング、リードの2冠を達成した初の男子選手となった。吉田は6位、本間は9位だった。

この記事の画像

「百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】」の画像1 「百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】」の画像2 「百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】」の画像3 「百合草碧皇が銀メダル! ダフィーは男子史上初の同一大会2冠、女子はガンブレットが復帰戦飾る【リードW杯2022第1戦 インスブルック大会】」の画像4