俳優の反町隆史が20日、都内で開催されたWOWOWオリジナルドラマ『今どきの若いモンは』完成報告会に、福原遥中村海人Travis JapanジャニーズJr.)、山田能龍監督とともに登壇。究極の上司役として、若者にエールを送った。

【写真】「勇気がでずに、どうしようと思っている人に見てほしいです」とアピールする福原遥

 就活生やビジネスマンの間で絶大な共感を生む吉谷光平の同名漫画をドラマ化した本作は、一見コワモテだが、“究極の上司”ともいえる商社マンの石沢一(反町)らの姿を通して、働くすべての人々にエールを届ける物語。

 反町は石沢の魅力を「過去の自分の失敗から学び、部下の気持ちに立って接しています」と説明。「『今どきの若いモンは』というセリフが上から目線にならないよう、相手のことを思って共感できるように気を付けました」と語った。

 石沢の部下となる新入社員の麦田を演じた福原は、「原作は背中を押してもらえるような作品だったので、関われてうれしかったです」と話し、「何かを始めるときは不安で、勇気が必要。そんな時とかに見ると、石沢課長の温かい言葉に自分自身が包み込まれるので、そこを感じてほしい。勇気がでずに、どうしようと思っている人に見てほしいです」とアピールした。

 麦田の指導係となる“若手エース”の舟木俊役を演じる中村は、「僕も後輩にどういう接し方をしていいか分からない」と舟木との共通点をあげ、舟木の姿は「これから先輩になる人は共感すると思う」と話した。また、自身が所属する「Travis Japan」が3月末から日本での活動を休止し、アメリカ・ロサンゼルスに留学するが、共演者の藤井隆らから届いたエールのコメントが司会者から読み上げられると、「泣けてきますね。昨年の撮影がフラッシュバックしてくる。ステキな時間でした。こうしていろんな方に応援していただけるのはありがたいことなので、これからも全力で頑張りたいです」と意気込みを語った。

 イベント終盤では、公式SNSで募集された「キャストに言ってほしい一言」から、反町が「今ドキの若いモンは、あんまり頑張る過ぎるんじゃない」というセリフを読み上げた。反町は「『頑張り過ぎるなよ』という言葉は、『同じいい状態を長く保てよ』ということでもある。自分の娘にもよく言いますね。自分をコントロールしながら、良い状態を保ちながら向き合っていけよということ。すごく良い言葉だと思う」と力説していた。

 『今どきの若いモンは』はWOWOWにて4月9日より毎週土曜22時30分放送・配信。