『やんごとなき一族』土屋太鳳&松下洸平ら“本編とは真逆”の姿 「こんな深山家が見たい」の声
拡大する(全1枚)
(左から)土屋太鳳、松下洸平

 女優の土屋太鳳が主演するドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の公式インスタグラムが26日、オフショットを公開。“本編とは真逆”のショットに、ファンからは「こんな深山家が見たかった」「最終回にこんな笑顔を期待しています」などの声が集まった。

【写真】「本編とは真逆」の土屋太鳳&松下洸平&石橋凌

 こやまゆかりの同名漫画(講談社「Kiss」連載中)を実写化する本作は、庶民の家庭から上流社会の一家・深山家に嫁ぐことになった主人公・佐都(土屋)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、夫・深山健太(松下洸平)とともに真正面から立ち向かい奮闘するアフター・シンデレラ・ストーリー。

 公式は、第10話の撮影中に撮影したという「本編とは真逆のニッコニコなオフショ」を公開。健太の父で、深山家から佐都のことを追い出そうとしている当主・圭一役の石橋凌が松下と土屋の肩に手を回しているオフショットを投稿した。

 いかなる時も深山家の利益を優先し、独裁的な振る舞いをしている圭一は、しばしば佐都や健太と対立しているが、オフショットの石橋、土屋、松下は仲良さそうに満面の笑みを浮かべている。

 第10話では、健太が圭一と揉み合って転び、頭を打ったことが引き金になって記憶をなくしてしまうという展開が描かれた。公式は「最終話を待つ緊張感を この笑顔で癒やしてくださいね」とつづっている。

 劇中では見ることのできない3人の仲良しショットに、コメント欄には「こんな深山家が見たかった」「最終回、皆さんの笑顔が見られますように」「最終回にこんな笑顔を期待しています」「素敵な笑顔」「この写真を見ると涙が出ます」などの声が集まっている。

引用:ドラマ『やんごとなき一族』公式インスタグラム(@yangoto_fuji)