THE BOOM宮沢和史、震災後の日本へ向けて新たな歌詞も加え『島唄』を新録

THE BOOM宮沢和史、震災後の日本へ向けて新たな歌詞も加え『島唄』を新録
名曲『島唄』についての想いを語ってくれた、THE BOOM 宮沢和史 
       
 ロックバンドTHE BOOMが1993年に発表し、世代、人種を超えて愛されている名曲『島唄』。楽曲発売20周年目となる2013年3月に、ニュー・レコーディングバージョンとして『島唄』が再び蘇る。本土復帰40年の節目を迎えながらも、米軍機オスプレイ配備問題で揺れる沖縄。そして未だ震災の傷癒えぬ日本。そんな現代にあって、鎮魂と平和の願いが込められた同曲が新たな歌詞を追加して歌われることに、運命めいたものを感じずにはいられない。この『島唄』を生み出した張本人である、THE BOOMの宮沢和史にその思いを聞いた。

【関連】名曲『島唄』についての想いを語ってくれた、THE BOOM宮沢和史インタビューショット

 『島唄』のイメージから、沖縄出身のバンドと思う人もいるかもしれないが、宮沢ふくめバンドメンバーはみな、県外出身。宮沢は、沖縄音楽を代表する三線の音色に惹かれ、沖縄民謡に興味を持った。そして初めて訪れた沖縄で知った太平洋戦争中の悲惨な歴史が、26歳の宮沢に『島唄』を書かせた。「沖縄には米軍基地もあって、戦争はまだ続いている。それでも惨たらしい歴史を繰り返さないよう、平和を祈る鎮魂歌として作りました。重いテーマではあるけれど、表面上は男女の悲哀を描いた歌にしたんです」と楽曲誕生の舞台裏を語る。その一方で「三線は沖縄の人にとっては神聖なもの。それをロックバンドがステージで演奏するということを面白がらない人もいました。それに沖縄県民でもない戦争を知らない僕が、鎮魂の曲を歌っていいものだろうか」という葛藤もあった。
宮沢和史のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮沢和史」に関する記事

「宮沢和史」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮沢和史」の記事

次に読みたい「宮沢和史」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 宮沢和史 ドラマ
  2. 宮沢和史 ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。