福本伸行が脚本監修 総製作費70億円、中国版『カイジ 動物世界』予告解禁

福本伸行が脚本監修 総製作費70億円、中国版『カイジ 動物世界』予告解禁
映画『カイジ 動物世界』メインビジュアル(C)福本伸行 (C)Ruyi Films & Fire Dragon Guo. All Rights Reserved.
 総製作費70億円を投じて、福本伸行の人気漫画『賭博黙示録カイジ』を中国で実写化した映画『カイジ 動物世界』が1月18日より日本公開されることが決定。予告映像とポスタービジュアルも解禁された。

【写真】350人のスタッフが4ヶ月かけて作った船内セットも 中国版『カイジ 動物世界』フォトギャラリー

 本作は、シリーズ累計2150万部を超え、テレビアニメと実写映画化を果たした漫画『賭博黙示録カイジ』を“中国完全映像化”したもの。中国の人気俳優リー・イーフォンが主人公のカイジ役を演じるほか、映画『ウォール・ストリート』のマイケル・ダグラスがカイジを追い詰める敵・利根川幸雄の役どころを演じ、日本版で同役を演じた藤原竜也と香川照之に負けない狂気の演技を披露する。原作者の福本が脚本を監修し、映画『スパイダーマン』シリーズや『X‐MEN』シリーズなど、ハリウッドの第一線で活躍するCGスタッフ総勢150人が参加。アカデミー賞受賞スタッフが音楽を担当している。

 定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていた青年カイジ(リー)は、ある日友人にだまされ5300万円の借金を負う。借金一括返済のチャンスをつかむため、カイジは「宿命」の名を冠するギャンブル船「デスティニー」に乗り込み、カード12枚を使った「限定ジャンケン」に挑戦。謎の組織が裏で取り仕切るそのギャンブルは、勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証はない。「負け組」のエース、カイジの命を賭けた究極のゲームの幕が開く。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年1月11日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。