乃木坂46・齋藤飛鳥、星野みなみ、松村沙友理…リモート出演で活躍したメンバーは?

乃木坂46・齋藤飛鳥、星野みなみ、松村沙友理…リモート出演で活躍したメンバーは?
(左から)乃木坂46・星野みなみ、齋藤飛鳥、松村沙友理 クランクイン!
 新型コロナウイルスの影響で、テレビ業界で浸透しつつあるリモート収録。その波はアイドル関連の番組にも広がり、乃木坂46冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京/毎週日曜24時)も5月24日の放送分からメンバーのリモート出演がスタートした。通常のスタジオ収録とは異なる、自宅などからの中継ならではのトラブルなども新たな楽しみとなっている。直近の6月7日の放送分までに、番組内でとりわけ目立ったメンバーたちの活躍を振り返ってみたい。

【写真】美脚! 乃木坂46・齋藤飛鳥の“過去最高に大人”なオフショット

■自宅ならではの“宅配便が届く”ハプニングも

 リモート収録回ではスタジオにいる番組MC・バナナマンと、ワイプで表示された各メンバーとの掛け合いが見られる。初回となった5月24日の放送では、1期生の秋元真夏高山一実中田花奈星野みなみ松村沙友理が登場した。

 久々の“再会”でオープニングから軽快なトークが繰り広げられる中、バナナマンの設楽統から「家の便所で撮ってるの?」と指摘されたのは星野。画面左手に見切れていた白いゴミ箱が「トイレのタンクに見える」と設楽が理由を話すと、慌てふためいたのちに「恥ずかしい…何もないところがなくて、頑張ってどけてどけて(背景を)真っ白にしたんです」と切り返した。

 さらに、メンバーからバナナマンへの質問企画「バナナマンと話したいこと」では、星野が「バナナマンさんがメンバーのことを苗字で呼ぶじゃないですか」と話し、「何人か『(齋藤)飛鳥ちゃん』とか『(和田)まあや』とか、急に下の名前が呼ぶときがあって、それがうらやましくて」と告白。過去に一度だけ設楽から“みなみちゃん”と呼ばれたのがうれしかったと語るも、最後、設楽から「付き合ったら言うよ」と返されると、笑いながら「一生ないじゃないですか!」と返した。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 乃木坂46 メンバー
  2. 乃木坂46 ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。