『にじいろカルテ』第2話 “真空”高畑充希、診断ミス 受診者殺到で仲間とすれ違い

『にじいろカルテ』第2話 “真空”高畑充希、診断ミス 受診者殺到で仲間とすれ違い
拡大する(全1枚)

 女優の高畑充希が初の医師役で主演を務め、俳優の北村匠海井浦新が共演する木曜ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)第2話が今夜放送。第2話では、秘密を告白し、虹ノ村診療所で内科医として診療を開始した真空(高畑充希)だったが、ある患者の“優しい嘘”を見逃し診断ミスを犯す。

【写真】“真空”高畑充希、たくさんの受診者を誠実に診察 『にじいろカルテ』第2話より

 本作は、ある“秘密”を抱えて山深い虹ノ村にぽつんとたたずむ診療所にやってきた高畑演じる主人公の“ポンコツ女ドクター”紅野真空が、そこで出会ったツナギでグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)、前髪ぱっつんのキレキャラ看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスをしながら、個性豊かな村人たちと触れ合い、時に泣き、けんかしながらも、熱く命と向き合って成長する姿を描く。

 高畑、井浦、北村のほか、安達祐実眞島秀和光石研西田尚美泉谷しげる水野美紀モト冬樹、半海一晃、池田良水野久美が出演。脚本は岡田惠和、演出は深川栄洋が務める。

 「わたし、嘘をついていました―」と、秘密を告白した内科医・真空だが、“医者で患者、最強じゃん?”という温かい言葉をもらい、改めて虹ノ村診療所での日々がスタートする。

 翌朝、虹ノ村診療所には衝撃の大行列ができていた。待望の内科医の登場に、お年寄りたちは大はしゃぎ。孫についての悩みや、畑で獲れた冬瓜のプレゼントなど、診察に関係ないことまで熱心に向き合い、寄り添う真空。往診先で出会った1人暮らしのおばあちゃん・佐和子(水野久美)にはスマホを買ったが話す相手がいないとの相談には「いつでも話し相手になる」と申し出て、さっそくかかってきた電話にも丁寧に対応する。

 期待に応えたい…と張り切る真空だが、その要領の悪さに、患者の待ち時間は増える一方。朔(井浦新)と太陽(北村匠海)は心配を募らせる。

 連日の診療所の大行列に、真空自身の体調も密かに悪化してゆくが、仲間に頼ることができずにいる真空。そんなある日、ある患者の“優しい嘘”を見逃してしまう。まさかの診断ミス、救えるはずの命が危機に…。

 人の絆を大切にしたいだけ。なのに仲間を想う心はすれ違う―。果たして、3人は消えゆく命を救い、チームになることができるのか…?

 木曜ドラマ『にじいろカルテ』第2話はテレビ朝日系にて1月28日21時放送。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

高畑充希のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高畑充希」に関する記事

「高畑充希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高畑充希」の記事

次に読みたい「高畑充希」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク