『リカ〜リバース〜』“麗美”高岡早紀、“見せつけキス”にネット「ヤバすぎ」

『リカ〜リバース〜』“麗美”高岡早紀、“見せつけキス”にネット「ヤバすぎ」
拡大する(全1枚)

 女優の高岡早紀が主演するドラマ『リカ~リバース~』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の第2話が27日に放送され、麗美(高岡早紀)が娘の家庭教師・宗像(浅香航大)の言葉を勘違いし、娘に見せつけるようにキスをするシーンに、ネット上には「怖すぎる」「ヤバすぎて笑っちゃう」といった反響が寄せられた。

【写真】「あなたが運命の人」娘の家庭教師に迫る“麗美”高岡早紀

 本作は、五十嵐貴久の人気サイコスリラー小説『リカ』シリーズより、リカの少女時代を描いた『リバース』を実写ドラマ化。家族の愛に飢え、孤独の深淵で純愛を渇望する“リカ”がいかにして生まれたのかを全3話で描いていく。

 ある日、雨宮家の娘、梨花(田辺桃子)と結花(山口まゆ)の英会話講師・千尋(阿部純子)の行方が分からなくなってしまう。その後、千尋と不倫関係にあった麗美の夫・武士(小田井涼平)も不審死を遂げてしまう。ある日、麗美は梨花と結花の家庭教師で千尋の恋人だった宗像を呼び出す。麗美は娘の進学について相談すると、宗像は自分が2人をいい大学に合格させてみせると約束する。

 そして麗美は夫を亡くした自分と、恋人の千尋を失った宗像の境遇について「私たち一緒ね?」と語りかける。すると宗像は「一緒に前を向いて生きていきましょう」と何気なく返答。この何気ない“一緒に”という言葉に、麗美の宗像への思いは一層強くなっていく。その後、連日家に招かれてしまう宗像。麗美は、まっすぐに宗像を見つめながら「毎回“お家デート”じゃ退屈よねぇ?」と一言。これに宗像が「何ですか? デートって…」と困惑すると、麗美は表情も変えず張り付いたような笑顔で「だって私たち、付き合ってるでしょお?」と疑いもなく言ってのける。

 この麗美の暴走ぶりに、ネット上には「怖いよー見事な勘違い発動」「なんの曇りもない瞳で言われたら怖すぎる」「まっすぐな瞳…狂気です」などの声が殺到。さらにラストシーンでは、梨花と結花が帰ってきたタイミングを見計らい、麗美が一方的に宗像にキスをしてみせる。娘たちにキスを見せつける麗美に、ネット上には「こんな可哀想なキスシーンあります?」「これは修羅場」「ヤバすぎて笑っちゃう」といったコメントが相次いだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

高岡早紀のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高岡早紀」に関する記事

「高岡早紀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高岡早紀」の記事

次に読みたい「高岡早紀」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク