「大人になったわ」パリス・ヒルトン、元親友その後宿敵のリンジー・ローハンと仲直り
拡大する(全1枚)

 かつては一緒にパーティーを渡り歩いたものの、その後宿敵と化していたパリス・ヒルトンリンジー・ローハン。あれから年を重ね、パリスは結婚し、リンジーも婚約した今、仲直りを果たしたようだ。

【写真】懐かしいお騒がせ写真の数々「パリス・ヒルトン」フォトギャラリー

 それぞれ、お騒がせセレブの名を欲しいままにしてきたパリスとリンジーだが、二人とも30代になり、パリスは昨年ベンチャーキャピタリストのカーター・リウムと結婚し、リンジーの方も、パリスと同時期に、クレディ・スイスでアシスタント・ヴァイスプレジデントを務めるベイダー・シャマスと婚約。すっかり落ち着きを見せてきた。

 JustJaredによると、人気トーク番組『Watch What Happens Live』に出演したパリスが、司会者からリンジーとの今の関係について質問され、「わたしたちも大人になったなと感じてる。私は結婚したばかりだし、彼女も婚約したよね。もう高校生じゃないわ。あれはただ、すごく幼かったのが原因だったと思う。今はすべてが順調よ」と答えたそうだ。

 二人は、2000年代はじめに夜遊びに繰り出す姿がたびたびキャッチされ、注目を集めた。しかし2018年には、パリスがリンジーのことを「病的な嘘つき」とコメントするなど、不仲が取りざたされていた。

 犬猿の仲だったのに、仲直りのきっかけは何だったのかと聞かれると、「ハネムーン中に、リンジーが婚約したのを知って、お祝いを伝えたの」とコメント。お互い幸せな今、すんなりとこれまでの禍根を水に流すことができたよう。「今はもう、悪い感情はないわ」とコメントしていた。