「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非

「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非
拡大する(全1枚)
イメージ画像/出典:LukeMa

 「連載が始まって以降、同業他社から『いよいよ朝日さんも学会に魂売りましたか』などと皮肉を言われるようになりました。社内からも『なんでこんなちょうちん連載を始めたのか』と批判する声が上がっています」

 こう嘆くのは、朝日新聞出版の関係者だ。「連載」とは、同社が発行する週刊誌「AERA」で昨年12月からスタートした「池田大作研究―世界宗教への道を追う」のことだ。筆者は元外務省主任分析官で作家の佐藤優。今年8月まで全35回にもわたって続く大型連載になる予定だ。

 驚くべきはその内容で、創価学会・池田大作名誉会長の「礼賛」が基本路線となっていることだ。

 佐藤氏は『池田大作全集』(聖教新聞社)などを引用しながら、池田氏の成育環境をたどりつつ、現在の思想に行き着くまでの端緒を探っていく。そのアプローチ自体はオーソドックスだが、出典はほぼ創価学会が発行した「公式文書」に限られている。出典自体が池田氏を美化して描写している部分が多々あるがゆえ、佐藤氏の池田氏に対する評価もまた「過剰」になっている感が否めない。

 例えば連載1回目ではキリストやムハンマドと共に池田氏の名前が挙げられ、4回目では池田氏とキリストの弟子であるパウロを重ね合わせ、「池田の発想にはパウロに共通するものがある」とまで書く。常に肯定的な視点からしか池田氏の人物像が描かれていないのだ。これが「学会の広報誌のようだ」と批判される要因となっている。


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    池田大作は2013年3月8日に死亡報道あった通り死亡してるんだろ?遺体遺棄、死体損壊罪だろ?生存してれば92歳か?

    3
  • 匿名さん 通報

    創価学会員らは死体遺棄、損壊罪になるんだろうな?逮捕まであと残す所7、8年か?気持ち悪い宗教だ

    3
  • 匿名さん 通報

    特に茅ヶ崎は創価学会員の母娘が多いらしいな?

    2
この記事にコメントする

もっと読む

「創価学会」に関する記事

「創価学会」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「創価学会」の記事

次に読みたい「創価学会」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日の社会記事

キーワード一覧

  1. 創価学会 結婚

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。