静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち
拡大する(全12枚)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』と...の画像はこちら >>
源義経(菅田将暉)と静御前(石橋静河)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』、先週の第19回「果たせぬ凱旋」と同様に、次回の第20回「帰ってきた義経」もドラマの中心は源義経になりそうです。

 義経が平家を滅亡させたのは、元暦2年(1185年)3月のこと。しかし、その年もまだ終わらぬうちに、義経は都落ちする悲運に見舞われます。敬愛していた兄・頼朝との関係がこじれてしまったからでした。ドラマでは後白河法皇(西田敏行さん)が小さな毬(まり)を脇に挟み、強く身体に押し付けて脈を止めるという“裏技”を使ってまでして義経を翻弄、兄弟仲を悪化させる企ての限りを尽くす様子が描かれましたが、史実は少々違うようです。

 ドラマでは後白河法皇の采配に困惑し、何度も聞き返していた公卿が九条兼実(田中直樹さん)なのですが、彼の日記『玉葉』によると、元暦2年10月、義経は何回も後白河法皇のもとを訪れ、「私に頼朝追討の院宣を与えてください」と迫り、彼の言葉には、「もし断れば天皇・法皇など朝廷の重要人物を人質に取って、西国に逃走するぞ」という脅しが含まれていたのだそうです。

 後白河法皇は義経から半ば脅されるような形で頼朝追討の宣旨を出すことになったので、ドラマで「あの……例の若造に脅されて、無理やり、なぁ?」「全部あいつのせいなんだよ」などと義時らに言い訳をしていたのは、上記の話を反映したものでしょう。


この記事の画像

「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像1 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像2 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像3 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像4
「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像5 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像6 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像7 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像8
「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像9 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像10 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像11 「静御前は捨てられた? 愛されていたのは郷御前? 『鎌倉殿』とは異なる“史実”の義経と女たち」の画像12