日本テレビ『女芸人№1決定戦 THE W』公式サイトより

 今年も女芸人No.1決定戦THE Wの開催が決定し、6月12日よりエントリーの受付が始まっている。1回戦は動画審査で2回戦から劇場でお客さんを入れながらネタをする事が出来る。

この賞レースの凄いところは出演者が女性のみという部分も勿論あるが、併願エントリーが可能だ。ピンとコンビで出演可能と相方さえ違えればコンビで2回出る事もできる。常に2回の可能性を試す事ができるというのも大きいところ。

 そして芸歴不問という部分、R-1グランプリは芸歴10年以下のみの参加資格があったり、M-1グランプリは結成15年以下が参加資格だったりするが、THE Wには芸歴制限がないのです。芸歴10年以上の男性ピン芸人はネタで目立つ機会が賞レースきっかけではなくなっている。女性であればずっと活躍の場を広げていけるというのも素晴らしいところ。

芸人ではないジャンルの出演者も活躍しているのは凄くいい部分だと思う。SKE48福士奈央さんが準決勝に何度も勝ち上がっていたり、昨年はショウガールズという8人組のタレントグループの2人がショートガールズという名前で準決勝まで勝ち進んだりと、新たなる幅の広さもうかがえる。

 昨年の2回戦も非常にレベルが高くネタの質も笑いの量も多くとっている芸人さんですら敗退している組も目の当たりにした。昨年は12組のファイナリストが誕生し、優勝の天才ピアニスト、準優勝のヨネダ2000、3位の紅しょうがの3組がテレビやライブ活動で目立っており、日の目を完全に見ている実力者の顔で溢れている。

 3位以外にも、TEAM BANANA、さとなかほがらか、Aマッソ、爛々、スパイク、フタリシズカかりこる、河邑ミク、エルフ、にぼしいわしなどテレビで見かける芸人さんも結構多いのではないだろうか。女性芸人は現実主義な方が多く、男性のように叶わぬ夢だけを語ることなどせず、今の自分に何をしたら一番いいのかが男性より分かっている方が多いのかもしれない。

他の大会でもこれまでテレビで活躍している芸人さんを多く輩出出来ているかといえば難しいと思う。

 一見、女性だけでまとめているので競争率が低く、レベルが低いと思われる事もあったが、時間とともに確実にレベルが高くなっているだけでなくそこからのテレビ出演の確率の高さも伺える。昨年の参加組数は過去最高の735組でしたが、1組1組のレベルがどんどん高くなっている。2017年から始まったTHE Wは今年で6回目になるが、他の賞レースでの決勝勝ち上がり組数も上がっている。今年のABCお笑いグランプリでも決勝12組の中に天才ピアニスト、ダウ90000、ヨネダ2000、等の顔ぶれがある。

 これはTHE Wが始まって女性芸人が完全にやる気を出したと言っても過言ではない。

実は今まで女性芸人はM-1グランプリにおいてもキングオブコントにおいても男性の勝ち上がる組数が圧倒的な事に対して、絶望していた部分があった。しかし2017年から賞レースの決勝に勝ち上がりたい!という欲求を明らかに増やした大会でもある。THE Wはまだ開催して6年しか経っていないのでこれからもっともっと女性芸人の活躍が広がっていく事は間違いない。新たなるお笑い文化の境目に今まさに立たされている状態だ。目を離すな!

『THE W』のせいで「M-1で女性芸人が不利」の現状…時期カブりはなぜテコ入れされない? 女性芸人日本一を決める『女芸人No.1決定戦 THE W 2022』決勝戦(12月10日夜7時放送、日本テレビ系)に進出した12組が、11月26日に発表された。 過...

女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由
『THE W』のせいで「M-1で女性芸人が不利」の現状…時期カブりはなぜテコ入れされない?
女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由
cyzo
日刊サイゾー2022.12.04女性芸人No.1決定戦THE W“賞レースだけユニット”にも注目? 意外な攻略法とは 今年のTHE W 1回戦の動画審査で、735組の過去最高数のエントリーがありました。
そこから289組が2回戦に進出しました。僕の中で決勝候補だった女性芸人さんが、動画...
女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由
女性芸人No.1決定戦THE W“賞レースだけユニット”にも注目? 意外な攻略法とは
女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由
cyzo
日刊サイゾー2022.09.12