Getty Images

 現在、女芸人No.1決定戦THE Wの予選が開催されている。賞レース全盛期の中で女性だけの大会というのも珍しいが、M-1グランプリと大差ない扱いというのも魅力だ。

決勝はどちらもゴールデンで放送、優勝賞金1000万円とテレビで売れる事への信頼がある。

 THE Wはアイドルも多くコンビを組んで参戦し、面白い事さえ言えれば会場は爆笑に変わる。職業に対しての偏見もないのがTHE Wの予選でもある。むしろ他の事をしながら参戦したほうが他業種という事が武器になり有利に働く事もある。参加組数も700組くらいなので、M-1グランプリの8000組くらいに比べると、ライバルがだいぶ少ない。本気になれば全組が決勝に出場する可能性があるような気持ちにもなれる。

だからこそ最も参加芸人全員の本気度が高いのがTHE Wでもある。

 1回戦は動画審査で約300組が2回戦に勝ち上がる。ライブでバンバン笑いを取っている決勝レベルの出場者も1回戦で敗退している。M-1グランプリでは1回戦敗退の決勝有力芸人はほとんどいない。だからこそ、今年どこで敗退していようが、翌年決勝進出してもおかしくない出場者もいるのがTHE Wの魅力でもある。

 過去に根菜キャバレー合わせみそ、といった結成間もないコンビが決勝に行く事があった。

これを見て多くの女性芸人の勇気を与えたりもした。そしてSKE48から福士奈央のように毎年参戦し準決勝に何度も勝ち進んでいる組もたくさんいる。大会当日まで気を抜かなければ勝利の女神は微笑む事もある。他業種のピンで準決勝まで勝ち進むのは、本人の頑張りも当然あるが、他の出演者への決勝の意欲を後押ししてくれる。

 M-1グランプリだとまず1回戦自体合格しない、下手したら参加制限の15年間ずっと1回戦敗退なんてコンビもいる。途中で挫折し結成15年過ぎた途端に解散なんてことも少なくない。

その点THE Wは芸歴の参加制限がない。早く売れたい気持ちがあるのなら、THE Wの出場は避けて通れないところはある。

 M-1グランプリの決勝はカッコよくお笑い芸人誰しもが注目する最高峰漫才賞レースである分、他の大会の優勝者がライブシーンでいかに名を上げていても予測していないところで敗退する。都市伝説が生まれやすいのもM-1グランプリで、こういったやり方をすると受かりやすい、こういったやり方をすると落とされるなどと各所のライブで色々出てくる。要するに決勝までの道が険しすぎて、ネタの精度以外の所に目がいってしまうのだ。

 現実逃避をしてしまう芸人が出てくるのもM-1グランプリの特徴だが、地に足つけて参加できるのもTHE Wの魅力でもある。

女性だけとはいえ決勝は年々レベルが高くなってきており、超絶面白いネタばかりなのも素晴らしい。THE Wは今までにない、お笑いジャンルで女性だけが集まりネタで勝負するという事がなかったので、言わば新大陸発見と同じでこれからのお笑いの新しいジャンルが生まれたわけです。

 第1回から様々なジャンルが生まれることに賛否両論があり、著名人ですらあまりよく言わない方もいた。まさに新しい物が誕生した時に警戒される現象が起き、これからもTHE Wは伸びしろしかない。

『女芸人No.1決定戦THE W』2回戦の高い壁…動画ネタ審査で落ちる芸人の傾向とは? 今年も「女芸人No.1決定戦THE W」の季節がやってきた。昨年は天才ピアニストが驚異の戦い方を見せ優勝した。

準決勝では天才ピアニストがネタをやっている最中にお客さん...
多くの女性芸人に夢を与える『THE W』は伸びしろしかない!...の画像はこちら >>
多くの女性芸人に夢を与える『THE W』は伸びしろしかない!『M-1グランプリ』との比較
cyzo
日刊サイゾー2023.09.08女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由 今年も女芸人No.1決定戦THE Wの開催が決定し、6月12日よりエントリーの受付が始まっている。1回戦は動画審査で2回戦から劇場でお客さんを入れながらネタをする事が...
多くの女性芸人に夢を与える『THE W』は伸びしろしかない!『M-1グランプリ』との比較
女性芸人が増え続ける要因?女芸人No.1決定戦「THE W」から目が離せない理由
多くの女性芸人に夢を与える『THE W』は伸びしろしかない!『M-1グランプリ』との比較
cyzo
日刊サイゾー2023.07.08