──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関...の画像はこちら >>
ドラマ公式Instagramより

 大河ドラマ『光る君へ』、第2回ではついに吉高由里子さんが登場、15歳になったまひろを熱演する姿が見られました。歴史の流れはバックグラウンドに追いやり、キャラクターたちの交流を描く内容が続きそうですね。

 藤原道長役も柄本佑さんに変わりました。後宮の詮子(吉田羊さん)から呼び出しをくらった道長は「仕事中お呼び出しは困ります」とボヤいていましたが、ドラマでは剣や弓の稽古にいそしむ姿は見えても、デスクワークをしている様子はなく、この時期の彼がどういう仕事をしていたのだろうか……という疑問を持った方も多いのではないでしょうか。

 NHKによるドラマ公式解説ページ「君しるべ ~青年貴族・藤原道長の官位とは?
によると、「大河ドラマ『光る君へ』第2回で柄本佑さん演じる若き藤原道長は、従五位下(じゅごいのげ)・右兵衛権佐(うひょうえのごんのすけ)という官位に就き、順調に上流貴族としての道を歩み出します」とありましたが、年表に沿って史実を確認すると、道長が「右兵衛権佐」という官位を得たのは、永観2年(984年)2月のことなんですね。

 道長が従五位の下となったのは、それより約4年前、天元3年(980年)1月7日のことです。数え年15歳のときでした。ドラマでは描かれなかったようですが、このおめでたい知らせを受けた直後の同月15日もしくは21日、道長の母・時姫は亡くなっています。

思えば第2回、時姫(三石琴乃さん)の出番はありませんでしたが、あれは「そういうこと」だったようです。今後、時姫は回想シーンでのみの登場ということになるのでしょうか……。

 さて、道長が15歳の若さで、従五位の下の官位をいただけたのはかなり幸運なことでした。平安時代の貴族の収入は内訳が複雑なのですが、シンプルにいうと、官位に与えられる「位給」と役職に与えられる「職給」のふたつがあります。具体的な役職はなくても、従五位の下となった道長は位給を受け取れるようになり、その事実は彼が天皇の臣下の1人に認められたことを意味したのです。

 道長は藤原氏の中でも上流の家の生まれですが、その幼少期、彼の父・兼家(段田安則さん)の昇進はライバルたちに阻まれ、かなり停滞していました。

道長の2人の兄たちもなかなか出世できない時期が長く、その悪い流れを変えたのが、道長の同母姉・詮子でした。

 詮子は、天元元年(978年)8月に円融天皇の女御(お妃の1人)として入内しました。この後、同年10月10月に、詮子の父・兼家が従二位、右大臣という高い身分、官職を得ています。年若い道長が高待遇を受けられたのも詮子、そして兼家あってのことでした。

 しかし、史実の道長に昇殿の許しが与えられた、つまり天皇のお側にはべることが許される「殿上人」という特別な身分になれたのは、天元5年(982年)1月です。

 また、道長に具体的な官職が与えられたのはその1年後、つまり天元6年(983年)1月で、その時になったのは「侍従」でした。

天皇の補佐官というか、わかりやすくいえば「付き人」のような存在でしょうか。

 道長が、「右兵衛権佐」という官位を得たのはさらにその翌年、永観2年(984年)のことで、ドラマでは現代人の目には細々と映るような、年単位におよぶ出世劇はスパッと省略されてしまったのでしょうか(右兵衛権佐の仕事内容については、先のNHKの公式解説サイトをご覧ください)。

 つまり、第2回の道長が「仕事で忙しい」といいながら、勤務実態がよくわからず、トレーニング風景ばかりが映っていたのは、考証サイドの意見を反映してのことなのかもしれません。

『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係の画像2
円融天皇(坂東巳之助)ドラマ公式サイトより。

 当時の朝廷は本当に厳格な身分社会ですから、貴族の男性はまさに「出世すごろく」の駒となり、マス目に沿って、少しずつ、着実に進んで行かざるを得ないわけですが、女性の出世のセオリーはその限りではありません。

 たとえば道長の姉・詮子は、史料の中でも、ドラマにも描かれたように円融天皇との不仲が噂されることが多いものの、彼女が入内した天元元年(978年)8月の時点ではむしろ天皇から寵愛されていたのではないか、と思われます。

しかし、この時、円融天皇の中宮――数いる妃たちの中の頂点は藤原媓子という女性でした。

 媓子は円融天皇より12歳年上でしたが、夫婦仲はとてもよかったそうです。しかし、2人には子どもがいませんでした。

 そして天元2年(979年)、その媓子が亡くなります。

 有力な妃としては、道長の姉にあたる詮子と、藤原遵子――関白・藤原頼忠の次女。つまり兼家・道長父子にとっては憎きライバルの娘がいたのですが、天元3年(980年)6月、詮子と円融天皇の間に皇子・懐仁(やすひと)親王が生まれました。

となれば、次の中宮は常識的には詮子になるわけですが、実際に中宮に選ばれたのは遵子でした。

 ドラマでは冷淡な天皇が詮子から遵子に心変わりしたと描かれていましたが、実際はそこまで単純な話ではなく、兼家と天皇の関係が悪化し、兼家の娘である詮子も遠ざけられたという部分が強そうです。天皇は詮子にかなり本気になっていたのではないかと思われますが、天皇の好意を、詮子の父親である兼家が政治利用しようと、娘を使って天皇を動かそうとしたことが積み重なり、天皇の気持ちは詮子から離れてしまった……という、いかにも後宮らしいドラマがあったような気はします。史実でも、詮子が「実家」に戻ってしまったのは遵子が中宮になったことを受けてのようですね。しかし、遵子も天皇との間には子どもを授からぬままでした。

 史実の円融天皇はロマンティックな恋愛至上主義者だったのかもしれません。

後継ぎを生んだ妃をさらに高い地位に取り立て、出世させることで、妃の実家が天皇をより強くバックアップしてくれるわけなのですが、そういう「大人の事情」に与することを円融天皇は嫌ったのでしょうか。天皇と詮子との関係が冷却していったのも、史実の彼女が父親・兼家のロボットで、本当は計算高い女であり、自分への好意も演技であると天皇が見抜いてしまったからかもしれません。

 ドラマでは詮子が天皇のあまりの冷遇に怒り、「実家」東三条邸に帰らせていただきます!と宣言していましたが(史実では懐仁親王が11歳のときの話のようです)、史実の詮子はその前からちょくちょく(父親からの呼び出しを受けて)「実家」に戻っていたようです。それを天皇から咎められた兼家は「自分は右大臣にすぎず、最高権力者・関白でもないような者の娘(詮子)を天皇のおそばにずっと置いておくなどもったいなくて……」と皮肉を言ったとする逸話もあり、なかなかの態度の父娘であったようですね。

「天皇の妃」というより、「右大臣の娘」――もっというと「兼家パパの娘」として振る舞いたがる史実の詮子に対し、ドラマの詮子はそこまで困った女性というわけではなさそうです。しかし、寛和2年(986年)、兼家の極悪非道な陰謀で花山天皇が退位し、詮子と円融天皇の皇子・懐仁新王が一条天皇として即位すると、後宮を出てからは「実家」東三条邸にこもりっぱなしで、円融天皇の中宮になれず女御どまりだった詮子が、一足飛びで皇太后に大昇進しています。この大出世は日本の歴史上、初めての出来事でした。

 史実でも詮子は長兄・道隆は苦手で、弟の道長をかわいがっており、詮子が皇太后になって以降、道長の出世はさらに目覚ましくなるのですが、それはまた後のお話です。

 平安時代の貴族たち、特に出世街道を突き進む青年貴族たちは、現代人が驚くほど忙しくしているのが通例でした。そういう史実がドラマで描かれていくのか、あまり描かれないのか、今後とも注目していきたいと思います。

<過去記事はコチラ>

『光る君へ』冒頭に登場する陰陽師・安倍晴明の本職は「呪術師」か「天文学者」か──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ...

『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
『光る君へ』冒頭に登場する陰陽師・安倍晴明の本職は「呪術師」か「天文学者」か
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
cyzo
日刊サイゾー2024.01.14『光る君へ』は紫式部と道長が「推し」合うドラマ? ロバート秋山演じる実資も注目──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ...
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
『光る君へ』冒頭に登場する陰陽師・安倍晴明の本職は「呪術師」か「天文学者」か
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
cyzo
日刊サイゾー2024.01.07『どうする家康』では描かれなかった秀頼の「生存説」と子どもたちの数奇な運命──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ...
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
『どうする家康』では描かれなかった秀頼の「生存説」と子どもたちの数奇な運命
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
cyzo
日刊サイゾー2023.12.23『どうする家康』晩年は若者にケチをつける老害? 「健康マニア」家康の死因とは──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ...
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
『どうする家康』晩年は若者にケチをつける老害? 「健康マニア」家康の死因とは
『光る君へ』東三条に出戻る詮子と彼女を厭う円融天皇の本当の関係
cyzo
日刊サイゾー2023.12.17