長谷川博己(写真/Getty Imagesより)

 4月21日、日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系)の第2話が放送された。本作品は明墨法律事務所の弁護士・明墨(長谷川博己)を主人公とする法廷ドラマであり、明墨がありとあらゆる手段を使って被告人を無罪にする“逆転パラドックスエンタテインメント”と銘打たれている。

そのふれ込み通り、第1話では雇い主を殺害したとされる緋山(岩田剛典)を弁護するため、明墨をはじめ部下の弁護士・紫ノ宮(堀田真由)、赤峰(北村匠海)とともに検察側の矛盾・穴を明らかにしていく。証人に子どもを召喚、参考人の持病の暴露など、明墨が繰り出す打開策に法廷はどよめき、緋山の無罪が現実味を帯び始めたが、検察側は緋山が殺害に使用したとされる凶器を登場させる。明墨たちが探しても見つからなかった凶器をなぜ検察側が持っているのか。このまま緋山は殺人犯として有罪になってしまうのか……。

 凶器とされるハンマーは、たまたま現場付近を巡回していた警察官が犯行現場近くで発見したという。なんとも出来過ぎた話だ。

緋山の証言ではそのハンマーは犯行前に紛失しており、殺害には関与していない。第1話のラストシーンでは、緋山がハンマーに関して話す寸前で明墨がさえぎっていることから、緋山が真の殺人犯である可能性を匂わせた。明墨の正義かと思えば悪に見えてくる言動の切り替えこそ、アンチヒーローというタイトルがついた所以だろう。

 弁護士としてあるまじき殺人犯擁護説が浮上した第1話だったが、第2話では一転、検察側の証拠改ざんを追究する展開になった。担当検事の姫野は東大卒の期待のエリート。明墨は将来を嘱望されるゆえの重圧を背負う姫野の心理を分析し、過去の裁判で懇意にしている教授・中島にDNA鑑定を依頼したことをふまえて、姫野と教授が結託してハンマーから緋山のDNAが検出されるよう小細工したと疑う。

 メインイベントとなった第三回公判。そこで明墨は中島の部下である助教・水卜の告発VTRを証拠として提出した。難攻不落かと思われた水卜だったが、DNA鑑定結果の改ざんに加担したことへの脅迫、中島のパワハラ・手下扱いにより法医学者として不遇の日々を送ることへの同情、という飴と鞭を織り交ぜる明墨の作戦により、弁護側に協力したかたちだ。明墨は最後に「決して冤罪を生んではならない」という熱意を伝えて勝負あり。見事、公言通りに緋山の無罪を勝ち取った。ただ、終盤では被害者の血液が付着した作業着を廃棄物処理場に投げ捨てる緋山の姿が……。

作業着についた血は、殺害した時に飛び散ったもの、または被害者である社長を介抱した際に付いたものの可能性もある。介抱したとしても裁判で不利になるため、明墨が隠していたかもしれない。作中では検察側が控訴する話題が出ており、来たる第2ラウンドで真実が明らかになるかもしれない。

 緋山の証拠隠滅を目の当たりにして、明墨に不信感を募らせる赤峰。個性豊かかつ強心臓な面々がそろう事務所では場違いな存在といえる“真人間”赤峰だが、明墨に憧れて明墨法律事務所に入ったことが判明した。被告人を無実にした実績をふまえ、赤峰が匂わせた“誰か”を助けたいという動機らしい。

緋山の公判中には、自作と思われる過去の傷害事件の記録に目を通していた。そこには「32歳の男に有罪判決」という見出しの新聞のスクラップが貼られており、この男は第1話で赤峰を無視したコンビニ店員(細田善彦)ではないだろうか。赤峰と男にどのような過去があるのかも今後の展開につながりそうだ。

 いまだ正義と悪が入り混じる明墨。その“ダークヒーロー”誕生にかかわるキーパーソンとして墓に眠る『ももせ れいこ』が浮上した。女性と思われるこの人物は2018年に亡くなったようで、墓に花を手向ける明墨の目には涙が浮かんでいた。

ドラマフリーク界隈では、明墨法律事務所のメンバーの名前には、墨、紫、赤などの色が入っていると話題になっており、『ももせ れいこ』には“桃”が当てはまる。ということは明墨のかつての同僚になるのだろうか。涙を見る限り同僚を超えた“ただならぬ関係”だがはたして……。

 次回は新たな裁判が始まるようである。明墨の法律すれすれの作戦が繰り出されるのか、それとも姫野の失態により検察の看板に泥を塗られた検事正・伊達原(野村萬斎)らが明墨を叩き落とすのか。主要人物の過去とあわせてぜひ見ていきたい。

『アンチヒーロー』明墨は“悪徳弁護士”か――被告人との口裏合わせ、謎の少女への優しさの意味『半沢直樹』や『VIVANT』など数々の名作が生まれてきたTBSの日曜劇場。新たな名作の予感をさせる新ドラマ『アンチヒーロー』(TBS系)の第1話が4月14日に放送され...
『アンチヒーロー』血に染まる作業着「廃棄」の衝撃ラスト!明墨の入れ知恵で証拠隠滅か
『アンチヒーロー』明墨は“悪徳弁護士”か――被告人との口裏合わせ、謎の少女への優しさの意味
『アンチヒーロー』血に染まる作業着「廃棄」の衝撃ラスト!明墨の入れ知恵で証拠隠滅か
cyzo
日刊サイゾー2024.04.21

番組情報

日曜劇場『アンチヒーロー』

TBS系毎週日曜21時~
出演:長谷川博己、北村匠海、堀田真由、大島優子、木村佳乃、野村萬斎 ほか
プロデューサー:飯田和孝、大形美佑葵
演出:田中健太、宮崎陽平、嶋田広野
脚本:山本奈奈、李正美、宮本勇人、福田哲平
音楽:梶浦由記、寺田志保
主題歌:milet「hanataba」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
法律監修:國松崇
警察監修:大澤良州
制作著作:TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/antihero_tbs/