木村拓哉(写真/Getty Imagesより)

 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第7話が6月6日に放送された。警察から追われ、世間的にも広く知られる存在となった脱獄犯・狩山(木村拓哉)が、一縷の望みをかけて再会した現場の同志は敵か味方か……。

東京都を巻き込む巨大な陰謀を前に、事件関係者への疑心暗鬼が深まる放送回となった。

 大手ゼネコン・帝和建設の土木設計部部長の狩山は、自身が設計を手掛けた東京都の一大プロジェクトである龍神大橋の建設現場で崩落事故に遭遇する。狩山は会社を守るため、事故の原因となった下請け会社社長・若松(竹内涼真)が手を染めた不正を隠し、すべての責任を負って刑務所に収監される。「数年の刑期を全うすれば会社に復帰できる……」。刑務所で楽観的に過ごす狩山に、妻・玲子(天海祐希)は自身が余命僅かであることを告げる。妻が生きているうちに身の潔白を証明した夫として再会するため、狩山は脱獄を決行。

警察・帝和建設による追跡を振り切る狩山だったが、刑事・黒木(竹内・二役)に確保されてしまう。しかし、黒木は兄・若松が関わった不正の真相を突き止めるべく、独自に捜査をしていたことを告白。さらに、若松は“黒幕”に指示されて異なる資材を使い崩落事故を誘発させたという。狩山は黒木からその信念を託され、再び逃走を始める。帝和建設サイドが狩山への警戒態勢を一層強めるなか、狩山は崩落事故の真実にたどり着くことができるのか……。

 狩山はこれまでさまざまな事故関係者と接触してきたが空振り続きだ。

狩山が獄中から冤罪を訴えたが、聞く耳をもたれなかった担当弁護士の秋澤(斎藤工)、不正データを預けていた部下の南雲(一ノ瀬颯)など、頼れるはずの人間から次々に裏切られている。残された選択肢が限られるなか、狩山は帝和建設社長・磯田(小日向文世)との危険な直接面会に打って出る。しかし、密会場所で待っていたのは秋澤。もうすっかり帝和建設の手下である。気になるのは、手負いの狩山相手なら秋澤は力づくでも確保できるはずだったが、それをしなかったことだ。狩山をあえて見逃したということか……。
彼にはまだ知られざる一面があるのかもしれない。

 第7話は狩山にとって不運の回だったといえる。秋澤は信頼するに足りない人間だと再認識し、同じ釜の飯を食った仲だと思っていた龍神大橋工事の下請け会社社長・坂東(北大路欣也)には告発を拒まれてしまう。狩山にとって心を痛めた新事実は、若松が“黒幕”に従う報酬として受け取った2000万円のうち、1000万円を坂東が受け取っていたことだろう。さらに、“黒幕”は帝和建設常務の桑原(岩谷健司)で、彼と同行し若松に金を渡していたのが南雲だったという、ショッキングな真実も明らかになった。龍神大橋を真剣に建設していたのは狩山だけだったのか。

金と権力に支配された人物ばかりで、狩山のさらなる孤立を印象付ける演出となっていた。

 ただ、“真の黒幕”は桑原ではない。桑原に指示を出した人物として坂東は磯田を挙げていたが、果たしてそうだろうか。自らトップを務める会社を苦境に陥れるマネはしないはずだ。そうなると、帝和建設のライバルにあたるゼネコンが桑原を買収した線が最有力だろう。帝和建設は業界3位で、東京都知事・榛名(賀来千香子)と磯田らの会食に同席していた男性2名が業界1位・2位のトップということになる。

榛名は、“元上司”磯田が黒鉄島再開発プロジェクト・龍神大橋建設から外さないよう土下座して懇願しているのを蔑み、軽くあしらっていることから、帝和建設を陥れた資材不正は榛名+競合ゼネコンが手引きした可能性もある。そうなれば狩山がまともに対峙できる相手ではなくなる。

 クライマックスでは、狩山が玲子に離婚手続きをするよう伝えていた。これは夫婦関係にあると不利益を被るほどの“犯罪”に、狩山が手を染める前触れだろう。狩山単独で不正を告発するとなれば、関係者を人質にしての生中継か……。

 もうひとつ、どん底に堕ちた磯田の動向にも注目だ。

次回予告動画では、榛名が電話相手に向かって「私を脅す気?」と言うシーンがあり、筆者はその相手こそ磯田と読んでいる。土下座を蔑まれたあとに見せた、磯田の感情を失ったかのような目。穏健派社長に“アウトレイジ”な本性があるとなれば物語がさらに面白くなることは間違いない。巨悪に利用されてきた狩山、磯田がどのような逆襲策を繰り出すのか楽しみだ。

『Believe』崩落事故は氷山の一角だった…狩山・木村拓哉が暴く欲にまみれた“黒幕” 5月30日、木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第6話が放送された。ドラマは折り返しを迎え、橋づくりのプロフェッショナル・狩山(木村拓哉)が...

土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe』崩落事故は氷山の一角だった…狩山・木村拓哉が暴く欲にまみれた“黒幕”
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.06.06 『Believe』狩山・木村拓哉自ら逃走劇に終止符を打つ衝撃ラスト、次回黒木の狙いが明らかに… 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第5話が5月23日に放送された。東京都の一大プロジェクトだった龍神大橋建設の崩落事故の責任を負わされ、刑...
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe』狩山・木村拓哉自ら逃走劇に終止符を打つ衝撃ラスト、次回黒木の狙いが明らかに…
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.05.30 『Believe』帝和建設が失態連発でピンチに! 狩山・木村拓哉を急襲した“謎の人物”の目的 5月16日に放送された木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第4話は、既出キャラクターたちの“本性”が浮き彫りになる内容となった。逃亡犯・狩山...
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe』狩山・木村拓哉自ら逃走劇に終止符を打つ衝撃ラスト、次回黒木の狙いが明らかに…
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.05.23 『Believe』狩山・木村拓哉の逃走を後押しする“サイコパス刑事”黒木の怪しい動き 5月9日、木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第3話が放送された。大事故の責任を負わされ罪人となった狩山(木村拓哉)が企てた、難攻不落の刑務...
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe』狩山・木村拓哉の逃走を後押しする“サイコパス刑事”黒木の怪しい動き
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.05.16 『Believe-君にかける橋-』狩山を陥れた黒幕とは――「一人二役」竹内涼真がキーマンか 4月25日、木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第1話が放送された。平成のドラマシーンをけん引した俳優・木村拓哉が主演とあり、制作決定時から...
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe-君にかける橋-』狩山を陥れた黒幕とは――「一人二役」竹内涼真がキーマンか
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.05.02『Believe』鬼刑務官を操るのは社長か都知事か……キラキラ女子が冤罪証明に 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』(テレビ朝日系)の第2話が5月2日に放送された。本作品は、大手ゼネコン『帝和建設』の土木設計部部長・狩山(木村拓哉)が龍神...
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
『Believe』鬼刑務官を操るのは社長か都知事か……キラキラ女子が冤罪証明に
土下座失敗で覚醒――『Believe』磯田・小日向文世の“死んだ目”は都知事への逆襲か
cyzo
日刊サイゾー2024.05.09

■番組情報
テレビ朝日開局65周年記念 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』
テレビ朝日系毎週木曜21時~
出演:木村拓哉、天海祐希、竹内涼真、斎藤工、山本舞香、一ノ瀬颯、上川隆也、小日向文世、北大路欣也 ほか
主題歌:MAN WITH A MISSION『I’ll be there』(Sony Music Labels Inc.)
脚本:井上由美子
音楽:林ゆうき
エグゼクティブプロデューサー:三輪祐見子
プロデューサー:都築歩、髙木萌実、松野千鶴子
監督:常廣丈太、樹下直美
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日
公式サイト: https://www.tv-asahi.co.jp/believe/