日本テレビ

 日本テレビ系の夏の恒例チャリティー番組『24時間テレビ』のメインパーソナリティーがいまだに発表されていない。例年どおりに旧ジャニーズ系タレントが起用されるとの情報が飛び交う中、メインパーソナリティーやマラソンランナーの発表が放送前日か当日になる公算が大きいと報じられた。

 『24時間テレビ』は、2003年にTOKIOが選ばれてから旧ジャニーズ事務所のタレントが毎年メインパーソナリティーを担当。例年は4~5月にメインパーソナリティーが発表されていたが、今年は「8月31日~9月1日に放送する」と告知されているのみで、出演者を含め詳細な番組内容がまったく公表されていない。

 発表が遅れている最大の要因とみられているのが、キャスティングの難航だ。昨年、ジャニーズ性加害問題が騒がれたことが影響しており、旧ジャニーズの後継事務所「STARTO ENTERTAINMENT」のタレントがメインパーソナリティーを務められるのか、微妙な状況になっている。

 当初は「チャリティー番組のイメージ的に旧ジャニーズを使うのは難しい」といわれていたが、最近になって複数のメディアが「STARTO社のタレントを起用することが内定」と報道。もしSTARTO社以外のタレントがメインパーソナリティーを担当するのであれば、もっと早く発表されているはずで、かなり信憑性の高い情報とみられている。

 内定しても発表できないのは「STARTO社のどのグループ・タレントを起用するのかまだ決まっていないため」と伝えられており、日テレよりもSTARTO社のほうが慎重でキャスティングが難航しているという。

 昨年11月、日本テレビの系列局の元幹部が『24時間テレビ』で視聴者から集めた寄付金を「ネコババ」していたという衝撃の事件が発覚しており、さらにドラマ界が大揺れになった「セクシー田中さん問題」でも日テレに世間の厳しい目が注がれた。そうした状況から、STARTO社が「今年の24時間テレビに関わったらイメージダウンになりかねない」と判断し、日テレからオファーを受けながらも渋っているようだという。

 かなり事態はこじれているようで、12日付の「日刊ゲンダイ」は「STARTO社枠の出演者は放送前日もしくは当日の発表になる公算が大きい」と報道。同様にチャリティーマラソンランナーも直前の発表になりそうだという。

 2020年も「メインパーソナリティーのキャスティングが難航している」と伝えられ、発表が7月までずれ込んだ。

同年のメインパーソナリティーは、井ノ原快彦(当時V6)、NEWSの増田貴久北山宏光(当時Kis-My-Ft2)、ジャニーズWEST(現WEST.)の重岡大毅岸優太(当時King & Prince)という“謎の混成チーム”となり、キャスティングに苦心した様子がうかがえたが、今年はそれ以上にドタバタな状況になりそうだ。

 日テレとしては、人気絶頂のSnow Manあたりに出演してほしいだろうが、タイムリミットまでにSTARTO社を説得できるのか。直前までメインパーソナリティーを伏せておいて、ふたを開けたら「いつもどおりに旧ジャニーズでした」というのは余計に視聴者の反発を招く恐れもあるが、はたしてどのような形に落ち着くのか注目だ。