大野智

 芸能活動休止中の嵐・大野智が、STARTO ENTERTAINMENTと個人でも契約を結んだことが報じられる中、ネット上では「宮古島のリゾートホテルはどうなった?」という声も上がっているようだ。

 現在までに松本潤二宮和也が退所し、個人事務所で活動している嵐。

4月10日には「未来を描くための準備を進めていけたらと思います」とのコメントとともに「株式会社嵐」の設立を発表したため、嵐復活への期待が高まっている。

 そんな中、発売中の「女性自身」(光文社)は、前出のとおり大野がSTARTO社と個人契約を結んだと報道。これを受け、ネット上では「グループはもちろん、個人の俳優活動も復帰してくれたらうれしいな」「大野くんが出演するドラマがまた見たい」といった声も飛び交っている。

宮古島リゾート施設、開業はいつ?

 2020年12月末をもって芸能活動を休止した大野だが、その後は沖縄・宮古島のリゾート開発に関わっていると複数のメディアが報じてきた。

 その一つとみられるのが、俳優・中村昌也が店長に就任し、昨年2月に宮古島にオープンした深夜営業のバー「Is(イズ)」。出資者といわれる大野もたびたび飲みに訪れているようで、多くの客で賑わう店内の様子が、時おり店の公式インスタグラムで公開されている。

 さらに、4月下旬には中村のバースデーイベントが「Is」で行われ、販売したオリジナルシャンパンやオリジナルTシャツは「即完売」したそう。こうした様子から、店が繁盛しているのは間違いなさそうだ。

 一方、宮古島に建設中とうわさされているリゾートホテルも気になるところ。複数の報道によれば、広大な敷地内に大きなゲストハウスや2棟の別荘が建てられ、そこには大野のアトリエもあるとか。

 また、一部大野ファンの間では、ホテルを特定しようとする動きもある。濃厚とうわさされているあるホテルは現在、年内オープンへ向けてオープニングスタッフを募集中だが、「6月にも開業する見込み」と報じる週刊誌もあっただけに、全貌が明らかになる日は近いかもしれない。

 開業後は、嵐ファンの聖地となりそうな都島のリゾートホテル。大野自身はこうした事業について認めていないが、本人が語る日はくるのだろうか。