King&Prince・永瀬廉、キー局初の連ドラ主演に「3つの不安要素」
拡大する(全1枚)
キンプるヤンキースは布石だった……!?(C)サイゾーウーマン

 King&Prince・永瀬廉が、7月期の日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて放送される『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』で主演を務めることがわかった。アイドル活動のほか、個人でも俳優業を精力的に行ってきた永瀬にとって、キー局の連続ドラマ主演はこれが初となるが、業界内では3つの不安要素が指摘されているという。

 同ドラマは漫画家・甲斐谷忍氏が「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて連載していた『新・信長公記~ノブナガくんと私~』を実写化。戦国武将のクローンが集まる不良高校でテッペン争いが繰り広げられる様子を描いた学園コメディで、永瀬は無気力で風変わりなキャラクターの織田信長を演じる。

「同作の不安要素の1つ目は、“学園ヤンキーもの”のドラマはアタリ、ハズレの差が激しいという点です。日本テレビでは、2018年10月期に、同じく『日曜ドラマ』枠で放送していた『今日から俺は!!』(賀来賢人主演)が人気を博し、映画版が興行収入50億円を超える大ヒットを記録(興行通信社調べ)したため、『新・信長公記』にも期待しているのでしょうが、一方で、現在フジテレビ系で放送中の『ナンバMG5』(間宮祥太朗主演)は、各話4~6%台という(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)低視聴率に沈んでいます」(テレビ誌ライター)

 現在、「日曜ドラマ」枠では、なにわ男子・道枝駿佑が“5代目金田一一”を演じる『金田一少年の事件簿』を放送中。しかし、視聴率は苦戦中で、初回から最新の第4話まで6~7%台を推移しており、「その低調な流れを受けて放送されることが、2つ目の不安要素」(同)だという。