グーグルも実践する「くそったれ社員」排除

 パワハラ上司に、ゴマすり同僚、無気力部下…そんな“アスホール”(くそったれ社員=イヤな奴)は洋の東西を問わずどんな企業にもいるものだ。しかし、それを組織の宿命と思ってはいけない、と説くのは、組織行動学の世界的権威、ロバート・サットン スタンフォード大学教授である。

 サットン教授いわく、「イヤな奴1人の存在で企業が被る損害額は、人件費は別として、年間最大16万ドル(約1600万円)にも上る」のだという。1人いるだけでも「周囲の生産性は落ち、同僚は辞め、特に管理職にいる場合は、深刻な訴訟問題に発展することもある」ためだ。

 イヤな奴には2つのタイプがあるそうだ。一時的に感情的になりひどい振る舞いをするテンポラリーアスホール。そして政治的計略まで用いて相手を背中から刺す筋金入りのサーティファイド(認定)アスホールである。

「イヤな奴の性格は波及性があるので、周りもイヤな人間になる。イヤな人間の前では誰でもイヤな人間になるというのは、組織行動論でも実証されている傾向」。さらに、「日中イヤな奴を相手にしていると、夜帰宅しても家族との生活に悪影響を与えかねない。社会倫理的な観点においても、企業はイヤな奴の存在を許してはならない」とサットン教授は説く。

 では、組織からイヤな奴をなくすためには、どうすればいいのか。この点で、大変参考になるとして、サットン教授が持ち上げるのが、「Don't be evil(悪魔になるな)」という有名な社是を掲げているグーグルである。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年6月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。