店・客ともにメリットあり。スーパー、コンビニでセルフレジ増加の背景

 スーパーやコンビニで、セルフレジを導入する店が増えている。セルフレジとは客が代金を支払う際、自分で商品バーコードのスキャンから袋詰め、清算までを済ませるシステムだ。

 顧客にとってのメリットは、何を買ったか他人に知られないなど、プライバシーを守れる点にある。また、買い物点数が少ない顧客にセルフレジを利用してもらうことで、「会計を済ませるまでの待ち時間が長い」といった顧客の不満を解消することができる。

 店舗側の最大のメリットは、レジ部門の人件費削減である。加えて、省スペースにもなる。最新のセルフレジには、従来製品のおよそ半分程度のスペースしかとらないコンパクトなものもある。また、セルフレジの場合、客が商品を買い物カゴから直接レジ袋に移すので、客用の袋詰め作業台が不要になるのだ。空いたスペースは催事売場などとして有効活用できる。

 大手スーパーを中心に、セルフレジの導入が進んでいる。イオンは一部の店舗で導入済みだが、さらに導入店舗数を増やす方針。西友は九州地区で展開するサニーでセルフレジを開始した。セブン&アイ・ホールディングスも傘下のヨークベニマルで導入し、今後はイトーヨーカ堂やヨークマートでテストを予定している。さらに、東急ストア、いなげやなどの中堅スーパーも導入を開始し、コンビニエンスストアではローソンも導入実験を開始した。

 セルフレジ導入の増加に伴い、製造メーカーにもラインアップ強化の動きが見られる。イオンのセルフレジ・システムを受注したのは

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。