パナソニック津賀社長が本誌だけに明かした「反転攻勢」の秘策

『週刊ダイヤモンド』1月25日号の第1特集は、「パナソニック 名門電機の凋落」です。創業101年のパナソニックに再び経営危機が迫っています。事業軸を担当する五つのカンパニー全ての業績が振るわず、2020年3月期見通しでは営業利益が前年同期比で1000億円もダウンする異常事態なのです。日立製作所ソニーが過去最高の営業利益を更新する中、パナソニックだけが長期低落傾向から抜け出せずにいるのはなぜなのでしょうか。就任8年目の津賀一宏・パナソニック社長に突撃インタビューを敢行しました(特集記事より抜粋してお届けします)。

「家電部門・本社を中国に移転」を
視野に入れている

──2019年11月に開催された投資家向けの年度計画説明会では、新中期戦略の具体策が示されました。改革の目玉として、家電事業等を展開するアプライアンス(AP)社と、電材事業等を展開するライフソリューションズ(LS)社を融合させて「新しいビジネスモデル」をつくることを掲げています。このモデルが成功するかどうかは、19年4月に設立した中国・北東アジア(CNA)社という地域カンパニーでの取り組みが鍵になりそうですね。

 日本ではAP社にしてもLS社にしても、手掛ける商材のマーケットにおけるポジションが高いので、急に一緒にビジネスを展開するのは難しい。流通ルートが違いますから。だから、やれるところからやるということで中国から着手しようとしています。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「パナソニック津賀社長が本誌だけに明かした「反転攻勢」の秘策」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    アメリカから制裁を食らえば良いんじゃない?まぁ、それにしてもトヨタにしろパナにしろ、米中戦争の意味を理解できていないね。

    4
  • 匿名さん 通報

    早期退職者を募ったら優秀な人材が辞めていってクズしか残らない事実を理解していないパナ。ブランドがなければ会社の存在が危うい製品しかないパナ・トヨタ。俺は両方買わないw

    3
  • 匿名さん 通報

    いっそのこと中国企業になってしまえば??

    2
  • 匿名さん 通報

    今さら中国でテレビって社長が一番ダメじゃん

    2
  • まこと 通報

    事業部の経営の責任は自分にはないという何とも他責な発言。事業部長の任命責任は津賀さんでしょ?任せたから後は知らんでは単なる放任。経営責任を自ら矮小化して逃れようとしている。呆れますね。

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「東芝」のニュース

次に読みたい関連記事「東芝」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レノボ」のニュース

次に読みたい関連記事「レノボ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。