東邦銀行(8346)、株主優待を変更!「定期預金の金利 優遇」「投資信託の手数料優遇」は廃止、2021年以降は 福島県の特産品などがもらえる「優待カタログ」のみに

 福島県を地盤とする株式会社東邦銀行が、株主優待を変更することを、2020年6月25日に発表した。

 東邦銀行は、毎年3月末時点の株主に株主優待を実施しており、従来の内容は「1000株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて、福島県の特産品などを選べる『優待カタログ(ふくしまからの贈り物)』を贈呈するほか、1000株以上を保有する株主に、定期預金の金利優遇や投資信託の手数料優遇を実施」というものだった。

 今回の発表によると、2021年7月以降は、定期預金の金利優遇と投資信託の手数料優遇を終了するとのこと(※2020年3月末に株主優待の権利を獲得している場合、2020年7月1日から2021年6月30日までは優遇を受けられる)。これにより、2021年3月末に権利が確定して、2021年7月に実施される株主優待からは、株主優待の内容が「優待カタログ」のみとなる。

 なお、「優待カタログ」の内容は以下のとおり(一つ選択)。
◆福島県 宿泊施設優待券
◆福島県 特産品
◆TSUBASAプロジェクト連携企画特産品(他県の特産品)
◆寄付(「日本赤十字社福島県支部」「福島県(ふるさとふくしま応援寄付金)」「ふくしまこども食堂ネットワーク」のいずれかを選択)

 また、新型コロナウイルスの影響を考慮し、「優待カタログ」で「TSUBASAプロジェクト連携企画特産品」以外を選択する場合には、申込期間を延長することも発表になった。従来の申込期間は「2020年7月1日~2020年10月末まで」だったが、「2020年7月1日~2021年3月末まで」に変更される。そして、宿泊施設の優待券の有効期間は、従来だと「2020年7月15日~2021年1月14日まで」だったが、こちらも延長されて「2020年7月15日~2021年5月14日まで」となった。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。