「黒人は白人より学力が低い」と意識すると実際に成績が下がる 「ステレオタイプ脅威」を解消するには 相手の「ナラティブ(物語)」を変えることが重要 【橘玲の日々刻々】

       
「ステレオタイプ脅威Stereotype threat」は近年の社会科学でもっとも注目されている概念のひとつで、「女は数学が苦手だ」「黒人は白人より学力が低い」などの社会的なステレオタイプ(偏見)を意識させると、それによって実際にテストの点数が下がってしまう現象をいう。

 クロード・スティールの『ステレオタイプの科学 「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』(英治出版)は、このステレオタイプ脅威を発見したアメリカの著名な「黒人」社会心理学者が、これがどのようなことなのかを自ら説明したとても興味深い本だ。

 著者のスティールは米国科学アカデミー、米国教育アカデミー、アメリカ哲学協会、アメリカ芸術科学アカデミーの会員で、カリフォルニア大学バークレー校副学長、コロンビア大学副学長などを歴任し、現在はスタンフォード大学心理学教授を務めるアメリカを代表する「黒人」知識人だ。――ここでなぜ人種を強調するかというと、少数派(マイノリティ)であることが本書のテーマだからだ。

 原書のタイトルは“Whistling Vivaldi:How Stereotypes Affect Us and What We Can Do(ヴィヴァルディを口笛で吹く:ステレオタイプはわたしたちにどう影響し、わたしたちに何ができるのか)”。クラシックのヴィヴァルディを口笛で吹く意味については最後に述べよう。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「科学」に関する記事

「科学」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「科学」の記事

次に読みたい「科学」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。