どうしようもなく不便で理不尽なロシアを なぜロシア人は改善しないのか? [橘玲の世界投資見聞録]

どうしようもなく不便で理不尽なロシアを なぜロシア人は改善しないのか? [橘玲の世界投資見聞録]
石造りの建物に囲まれた角を曲がるとロシア正教の聖堂が現われる(ハバロフスク) (Photo:©Alt Invest Com)
       
 ハバロフスクはアムール川とウスリー川の合流するシベリアの要衝で、夏でも夜になると気温は20度ちかくまで下がり、酷暑の日本から比べるとものすごく快適だ。日本海に面し、ロシア海軍の太平洋艦隊基地が置かれる海の要衝ウラジオストクまではシベリア鉄道で760キロ、約12時間の旅になる。

 ハバロフスクやウラジオストクは「日本からもっとも近いヨーロッパ」といわれるが、これは誇張ではなく、石造りの建物を抜けてロシア正教会のドームがふいに現われると、ここが東京から飛行機で2~3時間の街だとは思えなくなる。

 こうした錯覚が生まれるのは、極東の都市部に暮らすひとびとの多くがスラブ人などのコケイジャン(白人)であることも理由だ。彼らの祖先は、モスクワやサンクトペテルブルク、あるいはウクライナやベラルーシから、さまざまな事情でユーラシア大陸の東の果てへと流れてきた。

 短い夏はシベリアのもっとも美しい季節で、石畳の道をドレスアップした金髪・碧眼の女性が歩いていると、まるで映画の一シーンのようだ。アムール川の岸辺での日光浴も、そこだけ切り取ればニースやカンヌと変わらない(ただしアムール川は対岸の中国の工場からの廃棄物で汚染が懸念され、遊泳が禁止されている)。

 シベリアの町は日本人にとっても魅力的な避暑地になり得ると思うのだが、残念なことにその魅力をじゅうぶんに活かしきっていないようだ。

 日本人の多くは、「ロシアはよくわからない」と思っている。たしかにこの国は多くの謎に満ちている。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。