「イタリア的」な不思議は、 「カトリック」「カーニバル」「ユートピア」で説明できる [橘玲の世界投資見聞録]

「イタリア的」な不思議は、 「カトリック」「カーニバル」「ユートピア」で説明できる [橘玲の世界投資見聞録]
教会での結婚式(パレルモ) (Photo:©Alt Invest Com)
       
 前回はイタリア・ラヴェンナに生まれ、日本で比較宗教論を学んだファビオ・ランベッリ氏の「イタリア人は、暗いからこそ明るい」という逆説の文化論を紹介した。

[関連記事]
●「イタリア人は、暗いからこそ明るい」。イタリア的悲観主義が生み出した逆説

 ランベッリ氏は、『イタリア的考え方』(ちくま新書)、『イタリア的-「南」の魅力』(講談社選書メチエ)で、これまで日本ではほとんど語られることのなかったイタリア人の日常の不思議を解説している。今回はそのなかから、宗教、政治、教育を紹介してみたい。

イタリア人は幼少期に宗教教育を受ける

 ローマにはカトリックの総本山であるバチカン(ローマ教皇庁)があり、イタリアが敬虔なカトリックの国だということは誰でも知っている。実際、激論の末に国民投票で離婚が認められるようになったのが1974年、妊娠中絶が認められたのはようやく1980年だ。

 だが1990年に、戦後イタリアの保守政界を支配してきたキリスト教民主党が大規模な汚職スキャンダルによって解体すると、イタリアの世俗化は確実に進みはじめた。イタリアでは8~9割の国民がカトリック教育を受けるが、ランベッリ氏の見立てによると、いまではその多くは名義だけのカトリックで、実際には無関心や無宗教だという。

 カトリックでは11歳になったら聖体拝領が許されるが、そのためには1年ぐらい、毎週土曜日の午後、教区の教会で神父やボランティアからカトリックの教えを学ばなければならない。これが教理問答(カテキズムモ)で、イタリア人の多くはこれによってカトリックの教義について一定の知識を保持している。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。