日産GT-R「Tスペック」のボディカラーに込めた思い…R34 GT-R最終モデルをオマージュ

日産GT-R「Tスペック」のボディカラーに込めた思い…R34 GT-R最終モデルをオマージュ
拡大する(全1枚)
2021年9月14日に発表された日産GT-Rの2022年モデルには、100台限定の特別仕様車「Tスペック」が設定された。Tスペックには6色のボディカラーが設定されているが、そのうちの2色は新色である。「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」は、いずれも第2世代GT-Rで使用してきた車体色のオマージュカラーだ。ミッドナイトパープルはR33型、R34型で使われ、ミレニアムジェイドはR34型の最終限定車「VスペックⅡニュル/Mスペックニュル」で設定されていた限定色がモチーフになっている。

この2色について、カラー開発に携わった日産自動車 グローバルデザイン本部 アドバンスドデザイン部 担当部長の山口 勉氏が秘話を語った。

【画像】単なる紫ではなかった!R34 GT-Rのミッドナイトパープル

■R33型で誕生したミッドナイトパープル・パール

ミッドナイトパープル(パール)は、R33のGT-R専用色として企画が生まれました。コンセプトは凄み、存在感の強さ、押し出しの強さ。最初のころはグレーやブルーなどをベースに開発を始めていたのですが、どうしても既視感が拭えなくて。私はGT-Rというクルマは憧れの存在で、他から真似されるようなところがないといけないと思っています。

第1世代のハコスカとかケンメリのころには、オーバーフェンダーという特徴的なアイテムがあって、GT-Rに憧れたお客様がそれを付けて楽しんでいらっしゃいました。第2世代になってからはボディも専用になり、なかなかそういうことができなくなりました。R33では、専用色を持つというチャンスに、ぜひそのオーバーフェンダーのように真似されるようなアイテムになる色をつくりたいという気持ちがありました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク