カーメイト、今冬発売予定のドライブレコーダーが2021年度のグッドデザイン賞を受賞。正体は360°の進化系だった!

カーメイト、今冬発売予定のドライブレコーダーが2021年度のグッドデザイン賞を受賞。正体は360°の進化系だった!
拡大する(全1枚)
カーメイトは2021年10月20日、2つの製品が2021年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表した。
今回受賞したのは、2020年秋に発売したルーフボックス「イノー ファントム 2020」と、2021年冬に発売を予定しているドライブレコーダー「ダクション 360D」の2製品。

【画像】カーメイトの2021年度グッドデザイン賞受賞製品を見る

 
「ダクション 360D」は、この受賞発表が事実上の初披露となる。いったいどんなモデルなのか? 発表内容から見ていこう。
「ダクション 360D」のコンセプトは、前方、後方、全天周360°の3つのカメラにより全方位録画を実現した新しいドライブレコーダーだという。
 
3カメラ式で前後の記録品質がさらに向上する!?
 
公開された画像を見てみると。本体には前方カメラと本体下部に全天周360°を記録するカメラを搭載。そして後方記録用の別体カメラがセットになっている。計3つのカメラにより前方・後方と室内および窓越しに見える側方を記録する仕様のようだ。
 
これにより従来の360°ドライブレコーダーで両立できなかった前後方向の高度なナンバープレート認識性能と、周囲や室内を360°録画する性能を有しているという。
 
「ダクション 360D」開発の思いをデザイナーは以下のようにコメントしている。
 
「当社が先駆けて360°ドライブレコーダーを発売した2017年から4年、ドライブレコーダー市場は約4倍へと急成長し、当時少なかった360°タイプも増えてまいりました。今回のモデルはフロント2眼+リヤ1眼カメラで、360°の視認性をキープしつつ、ナンバープレートの認識精度UPを図ったドライブレコーダーに挑戦しました。全体に大きなラウンドを与えることで安心感や親しみ、シルエットにステップを取り入れる事でコンパクトさを表現しました。フロントの2眼カメラには、共通の装飾パーツを加えることで連動性を強調、さらに取付軸からカメラまで装飾のラインをつなげることで視点誘導を図り、360°カメラの特別感を演出。ケーブルの抜け止め防止カバーは、全体の印象が重くなりすぎないようにスモークにすることで、軽快感の付与・内装へのマッチングを図りました」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク