bit

「湯あたり」ってどうして起こるの!?

「湯あたり」ってどうして起こるの!?
せっかくの夏休み。温泉に入って体調を崩すことがないよう、上手な入浴法をお試しあれ
       
温泉に行くと、「せっかくだから」とつい欲張って何度も入浴。そして帰る頃には体調が優れずにグッタリ……なんて経験はありませんか? そんなときには「湯あたり」という言葉が思い浮かびがちですが、そもそも温泉に来て「湯にあたる」ってどうゆうこと!? そんな疑問を解決するため、温泉療法医・医学博士の植田理彦先生に取材しました。

すると第一声に「現代の人がいう湯あたりは『湯疲れ』のことだよ」と、なんとも意外な返答。では「湯あたり」と「湯疲れ」はどう違うの? と思いますよね。

そこで、さらに疑問をぶつけてみると
「『湯あたり』とは温泉の成分にあたり、中毒をおこす浴用反応のことをいい、湯治の習慣があったころによく見られました。一般的には食欲不振、下痢、発熱、嘔吐、湿疹などが主な症状です。ときには、完治したはずの古傷が疼くなんてこともあるんですよ」

そんなことを聞いてしまったら、なんだか温泉に入るのが恐ろしくなってしまいますが、そこはご安心を。なぜならこれは、1カ月間の湯治で毎日3回以上の入浴を続けた湯治客に現れた症状だから。つまり、私たちの1泊や2泊の温泉旅行とはレベルが違うんです。

そんな「湯あたり」はいったいどうして起こるのか。一説には酸性泉、硫黄泉、放射能泉などの刺激が強い泉質で起こりやすいことから、温泉水が刺激となり自律神経系、ホルモン分泌系、免疫系が防衛反応を起こすためと考えられていますが、真実はいまだ解明はされていないんだそう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年7月19日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。