bit

DVDやブルーレイの「輸入盤」を見かけない理由

DVDやブルーレイの「輸入盤」を見かけない理由
これが日本のDVDについている「リージョン2」のマークです。
多くの人が、「輸入盤」のCDを手にしたことがあると思う。外資系CDショップなどで、海外で発売された洋楽のCDは、国内盤と同じように売られてる。

でも「輸入盤」のDVDやブルーレイを観たことがある人は、少ないんじゃないだろうか。「輸入DVD」って聞くと、海賊版っぽいイメージすらある。

「リージョンコード」って言葉を聞いたことがあるだろうか。これは世界をいくつかの地域に分けて、国によってソフトを再生できなくする仕組み。普段あんま気にしてないかもしれないけど、例えば日本では、アメリカで売られてる「リージョン1」のDVDは再生できない。映像作品の輸入盤を見かけない理由は、これが大きい。

と、ここで疑問が。どうして、音楽ではOKな輸入盤が、映像だとNGになっちゃうんだろう? 映像の権利関係の仕事に携わる方から話を伺った。
「リージョンコードは、もともとハリウッドの要望で始められたと聞いたことがあります。例えばアメリカで公開された映画が、日本で半年後に公開されるとします。このとき、もし日本での公開前に、アメリカで何の規制もなくDVDが発売されたら、映画館へ行く人が減ってしまう可能性があります。そこで、世界の地域ごとに発売時期や価格を変えて、映像ビジネスを管理するようになったみたいですよ」

ただそんな販売方法も、最近変わってきてるという。
「DVDでは世界を6つの地域に分けていましたが、ブルーレイでは3つの地域に減っているんです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年12月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。