bit

カラフルなキャットハウスを見に行ってきたよ

カラフルなキャットハウスを見に行ってきたよ
「アムステルダム」
猫って、なぜかダンボールが好きだ。「あとで片付けよう」などとダンボールをちょっと置きっ放しにしようものなら、即・全匹集合。爪研ぎも木製のものには見向きもしないくせに(※筆者周辺の猫たちの場合)、ダンボール製のものは数日でボロボロになるほどの使い倒しぶり。周囲には常に屑が散らかり、猫の体にまで付いている始末である。

そのため、ダンボール製のキャットハウスを設置し、その中で爪研ぎをしてもらったらどうかと思い立った。が、なかなかグッとくるデザインのものがない。無地のものを買って自作するか……と思いつつ、本を数冊買ったときのダンボールなどをそのまま使ってしまっていたある日、ちょっとそそられるキャットハウスを見つけた。
猫好きで有名な作家・版画家の伴田良輔氏がデザインした、強化ダンボール製キャットハウスである。聞けば、4月にアメリカの出版社からこのキャットハウスをテーマにした写真絵本『Kittens of Boxville』と、ポストカードブック『Kittens of Boxville Postcard Book』(ともにChronicle Books)も出版されるとのことで、実際に実物を見ることができる、神保町の「SPINギャラリー」にお邪魔してきた。

キャットハウスの種類は「アムステルダム(オレンジ)」「モナコ(白)」「バルセロナ(ブルー)」の3種類で、各3,800円。少しずつ大きさが異なり、全てダンボール製爪研ぎ付きで、ハウスの床に装着できるようになっている。実用アイテムでありながらカラフルでアーティスティック、デザイン性が高いのがうれしい。強化ダンボールというだけあってなかなか丈夫そうな印象だが、耐久性はどうなのだろう?

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。