bit

ハズレなしのキャラくじ―なぜジョジョ“第四部”が選ばれたのか

ハズレなしのキャラくじ―なぜジョジョ“第四部”が選ばれたのか
仗助&クレイジーダイヤモンドフィギュア。ブラシを多用して、こだわりの彩色に。
今の世の中で、最も才能が集まっている職種は“漫画家”だと思っている。その中でも珠玉の才能が「荒木飛呂彦」。言わずと知れた、歴史的名作『ジョジョの奇妙な冒険』の作者である。

そして、この名作『ジョジョの奇妙な冒険』の中でも、フィギュアなどキャラクターグッズとして商品化が待望されていたのが、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」。
人気がありつつも、立体商品化が今までなかった「東方仗助」主人公の第四部だが、それもとうとう商品化される。以前、コネタで“ハズレなしのキャラクターくじ”を紹介したが、この第四部を題材にしたキャラクターくじが6月中旬より発売されるのだ。

商品の開発担当者にお伺いしたところ、『ジョジョの奇妙な冒険』にはしっかりした熱心なファンが多く、だからこそ、商品の開発には不安が伴ったらしい。要するに「コイツ、わかってねえ!」と思われるのが怖いということだ。なので、ファンも納得の商品づくりが大変。
そんなプレッシャーと戦いながら、ようやく完成されたのが以下に挙げる賞品たち。
・A賞は「仗助&クレイジー・ダイヤモンドフィギュア」(全1種)。まだあどけなさの残る表情を再現。原作のイメージを壊さないようこだわりの彩色を施した。
・B賞は「キラークイーンフィギュア」(全1種)。「吉良吉影」のスタンドである「キラークイーン」のフィギュア。荒木飛呂彦氏の描く線のイメージを重視し、「ジョジョ立ち」を忠実に再現。

あわせて読みたい

  • ハズレなしのキャラクターくじ 『マクロスF(フロンティア)』篇

    ハズレなしのキャラクターくじ 『マクロスF(フロンティア)』篇

  • 格闘家の宇野薫が、キンケシになった

    格闘家の宇野薫が、キンケシになった

  • コネタの記事をもっと見る 2009年6月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース