bit

ソウル、男性用と女性用のサムゲタンがあるお店

ソウル、男性用と女性用のサムゲタンがあるお店
こちら男性用サムゲタン。<br />取材協力:智鎬韓方参鶏湯・漢南店 漢江鎮駅1番出口から500m直進、ファミリーマートのある角で右折、T字路の突き当たりに位置する。
日本では土用丑の日にウナギを食べるのと同様、韓国では「伏日」(ポンナル)と呼ばれる夏の日の3日間に、夏バテ防止としてサムゲタン(参鶏湯)を食べる風習がある。

サムゲタンは鶏のお腹にもち米を詰め、高麗人参やニンニク、ナツメなどの生薬とともに煮込んだ、栄養満点の料理。韓国では1000円前後というお手軽な価格で、サムゲタンを一年中食べることができるが、特にこの伏日の日には、サムゲタン屋は行列ができるほどの大盛況となる。
伏日の初日である今年の「初伏」(チョボク、2009年は7月14日)には、ソウルで豪雨注意報が出ていたのにもかかわらず、サムゲタン屋は大忙しだったそう。韓国人にとって伏日にサムゲタンを食べることは、夏の重要イベントなのだ。

ところで本場ソウルには、このサムゲタンをわざわざ男性用と女性用とで作り分けて提供する、一風変わったお店がある。
ただでさえ身体に良さそうなサムゲタンを、男女差を考えて生薬を配合するなんて、さらなる効果がありそうではないか。雨が上がった初伏の翌日、さっそくこれを試しに行ってみた。

訪れたのは、サムゲタンのチェーン店である「智鎬韓方参鶏湯(ジホハンバンサムゲタン)」漢南店。このお店で出す男性用・女性用のサムゲタンは、正式名称をそれぞれ「健康サムゲタン」「美容サムゲタン」という。
ベースとなるサムゲタンはどちらも同じく、黄耆(おうぎ)やハリギリなどの漢方生薬が入ったサムゲタンだが、男性用には「鹿角(ろっかく)」「葛根(かっこん)」といった精力をつける生薬が、女性用には「甘草(かんぞう)」「クコの実」といったお肌に良い生薬が、追加で配合されているそう。

あわせて読みたい

  • 韓国の屋台おやつ、ホットクを家庭で楽しむ

    韓国の屋台おやつ、ホットクを家庭で楽しむ

  • 似て異なる、黄色い韓国カレーと茶色い日本カレー

    似て異なる、黄色い韓国カレーと茶色い日本カレー

  • 韓国人にとっての「たまごかけごはん」とは

    韓国人にとっての「たまごかけごはん」とは

  • コネタの記事をもっと見る 2009年7月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース