bit

世界陸上の短距離でヒラヒラ舞っていた、アレ

       
8月23日に閉幕した世界陸上。
男子100メートル&200メートルでの、ウサイン・ボルト選手のダブル世界新には、会場も、今回テンションが低めだった織田さんも、大興奮だった。

ところで、そんなボルトのレースを見ていて、何かがヒラヒラとコースに舞っているのが気になった人はいないだろうか。特にスタート直後、いくつかのコースで紙のようなものが舞っていた。

アレって何だったんだろう。

そこで、調べてみた。するとそれは「腰ナンバー標識」や「腰ナンバーカード」って呼ばれる、レーン番号が書かれたシールだった。写真判定のためにショーツ横へ貼り付けて、選手をゴールラインの横から判別するためのものだという。
ってことは、はがれ落ちちゃったら困るはず。今回の男子100メートルで、ゴールまでにナンバーがはがれ落ちた選手は8人中5人。男子200メートルでは8人中4人。こんなに落ちてたら、つけても意味がないんじゃ?

写真判定のとき、問題はないんだろうか。日本陸上競技連盟に話を伺った。
「確かに写真判定で、見にくくはなりますね。ただ、例えば2人同時なら1人にナンバーがついていればわかりますし、レーンを見れば場所でなんとか判別できます。そのため、絶対なくてはならないものというわけではないんです。また、レーンで区切られていない中長距離ですと判別は難しいですが、写真判定になることが少ないですし」

腰ナンバーがあるに越したことはないけど、はがれ落ちちゃったら仕方ないっていうのが現状だという。シールだから、パンツの素材がタイツみたいにツルツルしてたり、汗で濡れてるとくっつきにくい。それに短距離は動きが激しいから、余計にはがれやすくなる。レース直前でも簡単につけられるシールにしている以上、絶対はがれないようにするのは難しい。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。