bit

「こども電話相談室」の相談が“リアル”になっている件

そもそものきっかけは、ご長寿ラジオ番組『全国こども電話相談室』のウェブサイトがどんな感じなのか、興味がわいて検索してみたことだった。
ほのぼの感あふれるイメージのアノ番組が、一体どのようなウェブサイトを構築しているのか、この目で確かめてみたいと思ったのだ。

そしたら何と『全国こども電話相談室』は名前を変え、『全国こども電話相談室・リアル!』にリニューアルされているではないか。よくよく調べてみれば、リニューアル日は2008年10月5日。リニューアルからすでに1年が経過しているとは……知らんかった。

そして何より驚いたのは、番組に寄せられている相談の内容が、実生活における“リアル”な悩みだったこと。今のこどもの気苦労や、社会のひずみが垣間見える内容が多く、正直言って「こどもって大変!」と思ってしまった。
そこで今回は、『全国こども電話相談室・リアル!』のプロデューサー・鯨井さんに取材してみた。

鯨井さんいわく、そもそものリニューアルのきっかけは、インターネットが社会に浸透したことだそう。
たとえば「へびのしっぽはどこから?」という疑問があれば、かつては『全国こども電話相談室』の出番だったが、現在ならインターネットで調べれば何らかの答えが得られるようになった。つまり、インターネットの台頭によって、ある意味『全国こども電話相談室』は役割を終えた面も出てきてしまったのだ。

一方で、こどもたちが直面している“リアル”な悩みの受け皿は意外に少なく、その結果、ひとりで悩み、引きこもりや不登校などにおちいってしまうこどもも多いよう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク