ときどき、イヤホンの出力部を見てみると、「耳アカ」が付いていることがある。「耳掃除しないとな」と思うと同時に、「耳アカでイヤホンは壊れないのか?」という疑問が湧いた。
ちょっと汚い話なので恐縮しながら、イヤホンメーカーのオーディオテクニカに聞いてみた。

以前、コネタ記事「イヤホンの穴の数って何か意味あるの?」で見たとおり、イヤホンの出力部には小さな穴がたくさんある。そこから、耳アカなどのゴミが入る可能性があるわけだ。
「イヤホンにゴミが入って故障や不具合の原因になることは、数は少ないと思いますが、実際問題としてあります」

やはり。
ところで、耳アカにも大きく分けて乾いたものと湿ったものがある。どちらがイヤホンの穴に入りやすいのか。

「乾いたものと湿ったもの、どちらの耳アカが入りやすいかは正直言ってわかりません。当社に持ち込まれる場合はどれもすでに乾いていますので……」
「ただ、身体に着ける電気製品として、湿気は好ましくないというのが一般的な考え方になります」

では、耳アカがイヤホン内部に入ってしまった場合、ユーザーはどう処置すれば良いのか。
「イヤホンの内部はデリケートなので分解などはせず、メーカーに預けてメンテナンスを依頼するのがベストです」
う~ん、修理に出さないとダメとは意外に耳アカって手ごわい。

それなら、耳アカが入らないように気をつけたい。どうすれば。
「ユーザーができる基本的なメンテナンスとしては、乾いた布でイヤホンに付着した耳アカを拭き取ること。
また、予防策としてイヤホンにウレタン素材などのイヤパッドを被せるくらいでしょうか」

なるほど。
ちなみに、イヤパッドは単体でも市販されているそうなので、耳アカが付着するのが気になる人は是非購入すべきだろう。
たかが耳アカと侮っていると、突然イヤホンから音が聴こえなくなる恐れも。日頃からのお手入れが大事ですよ!
(羽石竜示)