bit

カルピスを使ったレシピ

巷には、“マヨラー”なんて人種が幅を利かせているらしい。要するに、なんでもマヨネーズをかけちゃう人たち。
これだけ騒がれているということは、マヨネーズは何にかけても美味しいのだろう。

他にも、万能の調味料はないだろうか? たとえば「カルピス」。調理中、ふとした時に何となくカルピスを入れてみる。すると、これが結構イケたりして。

実は、カルピスを使ったレシピが、カルピス株式会社のサイト内にある「カルピスカフェ」で、2005年より公開されている。
メニューはスペアリブ、ちらし寿司、生姜焼き、豚汁、鯖の味噌煮……、など非常に雑多(100以上のレシピを紹介)。

これらのメニューの多くは、銀座木村屋総本店の料理長を務めていたこともある小早川陽青シェフが考案。一流のプロのオリジナルメニューが多く混ざっているのだ。他のメニューも、2年前にネット上でカルピスを使ったレシピを公募し、その中で優秀賞に選ばれたものなどを紹介。

それにしても、料理にカルピスを使うと、どんな効果があるのか? カルピス株式会社に直接聞いてみた。
「甘味と酸味のバランス、発酵食品としての複雑な味わいが、料理のコクやまろやかさを増すといわれています」
例えば、生クリームを作るときに砂糖の代わりにカルピスを混ぜると、後味に爽やかさが出てしつこくない味わいに。プレーンヨーグルトに混ぜると、適量の甘さを調節しやすくなり、いっそうヨーグルトの爽やかな味わいが楽しめるようになる。玉子焼きに、砂糖の代わりにこっそり少量のカルピスを入れて焼くのも面白い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク