深キョンの「私の前世はマリー・アントワネット」という発言、微笑ましい。俺の前世は何だろう。あっちがマリー・アントワネットなら、こっちはナポレオン・ボナパルトだったらいいな。

ところで、お客さんの前世にコンタクトして、その前世から発せられるメッセージを教えてくれるカフェが東京の四谷にあるらしい。その名も11月11日にオープンした「前世カフェ」。

このカフェを営んでいるのは、一卵性の双生児である天乃みりさんとゆりさん。このお2人、自らを“双子魔女”と名乗り、お客さんへ「セラピー」や「ヒーリング」を提供してくれているのだ。

でも、こういうのは体験してみないとわからない。ということで12月の某日、前世カフェに遊びに行ってきました。

それにしても、このような能力を身につけるには、今までにどういう道筋があったのか? その辺りを、お二人に伺ってみました。
「実は、これって“不思議な力”でも何でもないんです。誰でも“直感力”ってありますよね。そういったものを、訓練して鍛えていったんです」
たとえば、道を歩いていると「こっちの道は行かない方がいいな」と、ふと思う時はないだろうか? そんな直感が何処からきたものなのか、わかるように訓練。なので、「人が持っていない“能力”があるとは、自分たちでは思っていないです」とのこと。

だが、2人とも生まれつき“直感力”は人一倍あったようだ。他にも、小さい頃に2人で全く同じ夢を見たり……。