bit

謎の活動弁士、坂本頼光って何者?

世はお笑いブームまっさかり。若手芸人主体のお笑いライブも数多く開催されているが、その中に一風変わった人物がいる。フロックコートを着こなし、姿勢もよく、発声もいい。他のお笑い芸人たちとはちょっと違った雰囲気だ。

彼が披露するネタとは……まず、某国民的長寿アニメの強烈なパロディが上映される。ストーリーの詳細は危険すぎてとても書けないが、父親が薬物中毒だったり、長女が「クワックワッ」としか言わなかったり、飼い猫が小池朝雄だったりするのだから内容は察してほしい。上映されるアニメの横で、物真似を交えながら話を進めるのが彼である。アニメも自作だというのだから驚きだ。強烈な毒に見舞われて場内は爆笑、ネタが終わるといつも客席にどよめきが残るほどだ。

彼の名前は坂本頼光(らいこう)。お笑い芸人ではない。本職は活動弁士だ。

活動弁士とは、戦前の無声映画を上映している横で語りを付ける人物のこと。説明だけでなく、すべてのセリフを一人で演じきる。映画の歴史について解説することも多い。

しかし、その存在は知っていても実際には見たことがない人がほとんどだろう。なにせ、プロの活動弁士は現在日本にたった10数人しかいない。そんな中、若手のエースと目されているのが、この坂本頼光である。時代劇もチャップリンもこなし、08年には東京国際映画祭の提携企画として1500人の観衆を前に大作『雄呂血』(おろち)の活弁を行なった。1月にはアメリカの大学に招かれて現地で活弁を披露し、2月にはニューヨークでの公演も。本業で活躍しながら自主アニメ活弁でお笑いライブに殴りこみをかけ続ける坂本頼光とは一体何者なのか? ここからは本人の言葉とともに紹介していきたい。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク