bit

カメラセンサーのホコリはどこまで除去できる?

カメラセンサーのホコリはどこまで除去できる?
レンズ交換のとき、ホコリがカメラの中に入らないように注意して!
レンズ交換式デジタル一眼の悩み、それはレンズ交換の際に外からホコリが入り、それがイメージセンサーに付着して画質が悪くなること。

その問題に対応して、現在のデジ一眼のほとんどは「センサークリーニング機能」を搭載しているわけだが、果たしてそれですべてのホコリが落とせるのか。いち早くホコリ問題に取り組んだオリンパスイメージングに、ホコリ除去について質問してみた。

ホコリがイメージセンサーに付着すると、黒いシミのようなものが写り込んでしまう。そこで、同社はクリーニング機構(ダストリダクション)を開発。センサーを振動させ、その慣性力(ホコリの重さ×振動加速度)でホコリを付着面から引き剥がし、静電気や分子間力が働かない距離まで飛ばすという仕組みだ。

「付着して問題になるのは当社の場合、数十μm(マイクロメートル)レベルの空気中に浮遊するホコリです。それよりも小さなホコリは写りこまないようにイメージセンサー面からホコリ付着面の距離をとった設計になっています」という。
つまり、画質影響がある大きさのホコリ除去にターゲットを絞っているわけだ。

さて、本題。除去できるホコリとできないホコリの違いは。
「大きく重いホコリほど除去する力を加えやすいので、結果とて除去しやすいです。逆に、小さなホコリの場合は重さがないため、静電気や分子間力よりも大きい引き離す力を働かせにくいので、除去が難しくなります」

基本的に小さくて軽いホコリが苦手ということ。それだけではない。
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年6月22日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。