韓国は富川(プチョン)市で開催中の「第14回富川国際ファンタスティック映画祭」に、ガンダムの生みの親である富野由悠季監督が登場。韓国のファンを前に、1時間を越える濃厚なトークイベントを行った。その記念すべき一部始終と、日本のファンに負けない韓国ガンダムファンの熱さを、現場からレポートします!

毎年、ホラーやSF、アニメなどエンターテインメント映画を中心に、世界の名作・話題作を紹介してきた同映画祭。7月15日に始まり25日まで開催される今回は、特別展として『機動戦士ガンダムI~III』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』などのガンダム映画8作品を、韓国では初めて公式の場で上映することに。富野監督の訪韓は、それに合わせて企画されたものだ。

ガンダム映画の上映を企画し、自身も大のガンダムファンであるクォン・ヨンミンさんは、今上映を通して、「かつての若者がガンダムから受けた感動は、国や状況が違くても大差はないことを、日本に伝えたかった」と話す。

31年前に日本で誕生したガンダムアニメは、口コミや海賊版ビデオなどを通して(当時の韓国では政策により、日本の文化を自由に楽しむことができなかった)、かなり早い時期からアンダーグラウンドの場で、韓国のアニメファンに知れ渡ることとなった。
近年はライセンスをクリアした、アニメ『新機動戦記ガンダムW』『機動戦士ガンダム00』のケーブルテレビ放送や、ガンプラ、ゲームの人気により、若いファンの心をつかむように。