bit

いいとこ取りの米!? アフリカ向けのネリカ米

いいとこ取りの米!? アフリカ向けのネリカ米
JIRCAS実験圃場で栽培中のネリカ(左2列)と水稲(写真提供:独立行政法人国際農林水産業研究センター)。
日本も含め、アジアでは主食とする国が多い米。最近は日本人の食生活も変化し、その消費量は減りつつあるものの、私たちの食生活には欠かせない食材だ。

日本でポピュラーなのはジャポニカ米だが、栽培されている稲には、ジャポニカ米が属するアジアイネとアフリカイネの2つがある。アジアイネは大量に収穫しやすく、アフリカイネは乾燥や病害虫に強いのが特長。そんな両者のいわば“いいとこ取り”を目指して開発された「ネリカ米」をご存じだろうか。

ネリカ米とは、「ニュー・ライス・フォー・アフリカ」(「“Ne”w “Ric”e for “A”frica)の文字をとったもの。名前のとおり、アフリカ向けのイネ品種で、1994年に(現)アフリカライスセンターの研究者がアジアイネとアフリカイネの交配に成功し、誕生した。

現在は国際農業研究協議グループ(CGIAR)の一機関であるアフリカライスセンターが育成。アフリカ各国の研究機関を通して種が配布され、各国機関が普及を進めている。

アフリカライスセンターと共同でネリカ米の改良を進める独立行政法人国際農林水産業研究センター(以下JIRCAS)にその特徴を聞いた。
「生育が早く、乾燥耐性や雑草との競合性が良い、病虫害抵抗性を持っているともいわれますが、正確な分析は十分ではありません。今後、特性を明らかにしながら、品種改良を進めていく必要があります」
現在ある18品種は畑で栽培する陸稲だが、最近は水田栽培に適した新品種も育成されているそう。

あわせて読みたい

  • ベランダで、お米が栽培できるらしい

    ベランダで、お米が栽培できるらしい

  • 日本のお米、遥かローマへ

    日本のお米、遥かローマへ

  • ニートと障害者が手を合わせ、お米を商品化

    ニートと障害者が手を合わせ、お米を商品化

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース