bit

読みやすさを追求した「つたわるフォント」とは?

先日、ペットボトル飲料「キリン 生茶」を飲んでいて、ふと目に留まったのがパッケージの「つたわるフォント」のロゴ。いつのまにこんなロゴが? そもそも、つたわるフォントって何?

調べてみると、博報堂と株式会社タイプバンク、慶應義塾大学が共同で開発したフォントであると判明。名前のとおり、高齢者や障害者をはじめ、より多くの人に情報を伝えることを目的としたユニバーサルデザイン仕様のフォントだ。

たとえば、文字のつながりを取って明るくしたり(例:「き」の3画目と4画目をつなげない)、漢字とカナの大きさや形状の差別化をはかったり(例:口とロ、夕とタ)、似た形状のものを判別しやすいデザインにしたり(例:ソとン、シとツ)、濁点と反濁点をわかりやすくしたり、細部まで多様な工夫がある。

開発のきっかけを博報堂に聞くと、
「コミュニケーションをユニバーサルデザインの視点から改善しようとすると、基本要素である文字そのものを改善する必要があったのが、そもそものはじまりです」
ユニバーサルデザインをコンセプトにしたフォントは最近増えているが、同フォントの特長は慶應義塾大学の中野泰志教授によって学術的に実証されていることだろう。
「商品パッケージや取り扱い説明書などの文字が小さく読みにくいと感じている生活者の不満、また、それに伴う企業のマーケットロスに対する提案として生まれました」

2009年9月から販売を開始し、すでに約50社が採用。業界は金融・医薬・公共サービス・消費財など多岐にわたる。首都高速道路のキャンペーン告知もその一例。また、日立グループではカタログ類や電子レンジ・洗濯機・炊飯器など一部商品の本体操作部に同フォントを採用している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク